« 映画「天地明察」 | トップページ | 公園のアオサギ »

2012年9月19日 (水)

戦後の平和

竹島問題が、一時的に平穏になっている今、尖閣諸島の国有化から、中国が暴れだした。

時の首脳たちが、解決を棚上げしてた問題が、あぶり出されている。

尖閣諸島に、中国の漁船団と、それを監視(護衛)する監視船が集まってきている。

中国国内では、半日デモが各地で、暴動化している。

日系の企業、日本製の車、日本と関連する店など、見境なしに、襲撃し破壊している。

もうデモなどと言えるものではない。

中国政府は、見て見ぬふりを決め込んでいる。

これが不満階級のガス抜きだとしたら、こんな理不尽なことはない。

中国との文化交流、スポーツ交流までもが、次々中止になってきている。

このまま、両国が断交流になれば、尖閣諸島で武力紛争になってしまうのだろうか?

第二次世界大戦の責任を取らされ、兵力を削がれ、平和憲法のもと、経済発展にのみまい進してきた。

戦争放棄を余儀なくされ、兵力のない平和を謳歌してきた日本が、その弱点を突かれている。

何か少しずつ、きな臭い状況になってきている。

平和ボケ気味の、日本国民は、まだ危機感は、それほど感じていない。

領土問題に、端を発しているだけに、なかなか解決は難しそうだ。

大岡さまのような名奉行が現れてはくれないのだろうか?

|

« 映画「天地明察」 | トップページ | 公園のアオサギ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

東京都は尖閣諸島購入寄付金で約13億円を集めたが国が購入したために、灯台や船泊まりなどの設置ができなくなった。
釣魚島などを国に20億円強で売って埼玉県に住んでいるという守銭奴の反日地権者はぼろ儲けした。
国は尖閣諸島に移住する人を全国から募ってはどうだろうか。
国際的には尖閣諸島に人が住まなければ実効支配と認められないからである。
しかし民主党政権にはできないから、まずは民主党政権を倒さなければならない。

投稿: 嫌チャイナ・嫌コリア | 2012年9月19日 (水) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「天地明察」 | トップページ | 公園のアオサギ »