« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月27日 (土)

市民フェステバル

保健センターのがん検診と、歯医者の予約日が重なっていたので、変更予約を取ってから、航空公園に行く。

もう11時を過ぎてたので、自転車置き場は、何処も満車状態になっている。

今回も、大変な人出のようである。

Blog2012_10270018

Blog2012_10270019

Blog2012_10270020

ダンボールの迷路も、急ピッチで最後の手入れです。

Blog2012_10270024

Blog2012_10270025

Blog2012_10270027

Blog2012_10270034

福島、長野、山梨の近県からも出店があった。

何処もすごい人の群れなのだが、長野のりんご信濃ゴールドは、1000円詰め放題のコーナーはすごい混みようだ。

1時過ぎに再び見てみると、殆ど売りつくして、空箱やコンテナが積まれていた。

12,3個入ってるようだから、これを持ちながらの移動は、大変だと思うが?

Blog2012_10270028

Blog2012_10270026

早目の昼食を、行列に並んで、お好み焼きをゲットする。

豚肉2枚、ベーコン、目玉焼きが載ってる、かなりのボリュームで食べ甲斐があった。

小麦粉の生地が少なめで、キャベツも多めなので、味も薄めながらグッドであった。

Blog2012_10270021

Blog2012_10270022

Blog2012_10270033

恒例の和太鼓も5組ほど、交代で叩いている。

Blog2012_10270023

Blog2012_10270029

Blog2012_10270032

重松流囃子や、群馬川場のスキーや、競技用自転車、ハーフパイプのスケボーなどのデモンストレーションなどもありました。

Blog2012_10270030

Blog2012_10270031

写真などの展示も有り、年々新しくもなってるようだ。

あまり長く人混みの中にいると、人酔いしそうなので、喜多方のチェリートマトと、島村の漬物を購入して、二時過ぎに帰宅した。

| | コメント (2)

2012年10月26日 (金)

フェステバル準備ほか

航空公園に行ってみた。

27日、28日に行われる市民フェステバルの準備で、テントの設営が行われていた。

Blog2012_10260015

Blog2012_10260016

週末は、天気が崩れる予報が出てるが、徒労にならぬことを祈る。

Blog2012_10260017

Blog2012_10260018

Blog2012_10260019

Blog2012_10260020

Blog2012_10260021

Blog2012_10260022

藤棚の隅では、秋薔薇が、ちょうど見頃です。

春薔薇ほどに華やかさはないですが、清楚な感じです。

Blog2012_10260023

彩翔亭の庭に入ってみました。

ゴンズイの実が弾けています。

Blog2012_10260024

色褪せてましたが、杜鵑の花が、未だ咲いてました。

Blog2012_10260025

Blog2012_10260026

池の上に頭を持ち上げ、花開こうとしてるのは、熱帯睡蓮でしょうか、紫色の花が珍しい。

静かな水面に映り込み、景色が2倍に膨らんでいます。

| | コメント (0)

2012年10月24日 (水)

六道山公園ほか

過日、北野近辺をポタしようと、R3で出かけた。

目指した所が、何もなかったので、真っ直ぐ真っ直ぐ走ってみる。

所沢ー青梅線に出てしまったので、そのまま糀谷方面に漕ぎ続ける。

やはり何もないので、高根下の交差点から、六道山公園の方に走る。

此処の長い坂は、R3では登ったことがない。

自信がないので、野山北公園の高根下入口まで上がる。

ここまで来たら、六道山公園に行くよりほかあるまい。

急な遊歩道の登り坂を、R3を押し上げて登る。

Blog2012_10220011

Blog2012_10220012

Blog2012_10220013

ほどなく明るい広場に出た。

そこは狭山懸橋広場と名付けられた、好ましい場所だ。

Blog2012_10220014

狭山懸橋の上から、下の道路を撮る。

今日は自転車で登らなかったが、前に1回FCRで、やっとの思いで登りきったことがある。

Blog2012_10220015

此処から少し下りれば、出会いの辻へ出る。

左にゆるく登れば、六道山公園の展望台に出る。

Blog2012_10220016

Blog2012_10220017

東南の方には、新宿副都心、薄く幽かに東京スカイツリーも見えるが、昼ごろだったため、もうガスっぽくなって、鮮明ではない。

西の方は、遠く奥秩父の山並みが霞んでいる。

まだ紅葉には、程遠い。

高根下へ下る坂道は、ブレーキを多用しながら下りたが、Max42.5km/hの値が出ていた。

 

Blog2012_10220018

Blog2012_10220019

幸手の弟宅近所の、柿の実る風景。

Blog2012_10220020

やはり近所での、通過する東武電車。

| | コメント (0)

2012年10月21日 (日)

金山公園ほか

Blog2012_10200017

Blog2012_10200018

Blog2012_10200019

調節池のピラカンサスも朱に染まり、秋の訪れを実感する季節。

鳥撮隊の臨時個展(?)が開かれていました。

Blog2012_10200020

Blog2012_10200021

晩夏から秋にかけて咲く、ミゾソバ、アサガオの野生化(?)などが、湿地、草むらに見られます。

Blog2012_10200022

池上のコスモスは、いまだ盛りに咲いてました。

Blog2012_10200023

Blog2012_10200024

Blog2012_10200025

コスモス畑から、少し行ったところに、白く大きな花が、フェンスに絡んで咲いてました。

畑にいる人に聞くと、ハナユウガオと教えてくれました。

食料になる夕顔とは違って、朝顔の種類とか。

3枚目の写真が、花後で種子のようです。

Blog2012_10200026

Blog2012_10200027

足元に咲いてたのは、ガーベラの一種でしょうか、もう終わりに近づいてました。

Blog2012_10200028

Blog2012_10200029

違う日の所沢新町の農家の垣根です。

赤、ピンク、白の漏斗状の花が、鮮やかに咲いてました。

蔓性の花ですが、何という花でしょうか?

Blog2012_10200030

有料の狭山大橋でのR3

どうして、こんな道路が、有料なのか、わからない。

圏央道に繋がってるようで、ナビに案内されて、通るのでしょうか、ボチボチの交通量です。

Blog2012_10200031

Blog2012_10200032

すっかり様変わりした狭山市駅前西口。

広々として、近代的になりました。

東口は、変わりようありませんね、駅舎以外は、変わっていません。

祇園通りも、殆ど変りない様子です。

| | コメント (3)

2012年10月19日 (金)

会津 大内宿へ

大江町から山形道、東北中央高速で上山市へ出て、R13で南陽市赤湯温泉 御殿守へ4時過ぎに入館しました。

此処の風呂は、米沢藩上杉家の御殿湯とされている。

2代藩主上杉定勝から、名君とうたわれた9代藩主上杉鷹山は、特に赤湯を愛し、何度となく入湯したそうです。

館内には、上杉家所縁の物が色々展示されています。

風呂の目玉は、100トン以上の大石をくりぬいた岩風呂が、圧巻です。

浴槽も多く、きれいな浴場でした。

また烏帽子山公園を背にしてますから、春には千本桜を愛でながらの入浴となります。

Blog2012_10150066

昨日の宿とは違い、係の仲居さんが料理の説明、食べ終えた頃、新しい料理を持ってきてくれます。

ですから、並べきりの膳と違い、新しい食欲も湧いてきます。

なにより、ホテルのスタッフも良く教育された応対に癒されます。

この宿を、我々の定宿と決めたことは、言うまでも有りません。

昨夜は、あまり眠れなかったのですが、気持ちよく朝まで眠り、朝風呂を満喫しました。

Blog2012_10150067

すっきりと目覚め朝餉です。

少量づつ、沢山の種類のおかずが、御膳に杯に並び、これもグーでした。

Blog2012_10150068

宿泊した御殿守の全景です。

3階建ての、決して大きなホテルではないが、万事行き届いたホテルでした。

 

さて、今日は9時にチェックアウトして、米沢から福島に入ります。

ただ真っ直ぐ帰っても、早すぎるので、大内宿へ立ち寄ります。

前に行ったことのある義弟の先導で、山を越え、山を越え

喜多方市を抜け、会津坂下、会津美里を通り、大内宿へ到着です。

約3時間、昼近くになってましたので、駐車場は満車。

少し先の未舗装の無料駐車場に、車を入れます。

Blog2012_10150069

Blog2012_10150070

Blog2012_10150071

Blog2012_10150072

Blog2012_10150075

Blog2012_10150076

Blog2012_10150077

雨が降りそうな曇り空でしたので、画面が暗い。

ここ大内宿は、馬篭宿、妻籠宿とも雰囲気が違い、明るく広い感じなのは、家が黒っぽくないからなのと、真ん中の道路が、明るい色だからでしょうか?

Blog2012_10150083

Blog2012_10150084

突き当たりの神社の階段を登り、高台からの俯瞰です。

写ってる人を、江戸時代の人にすれば、正に江戸時代の宿場の雰囲気です。

Blog2012_10150074

Blog2012_10150078

Blog2012_10150079

Blog2012_10150080

Blog2012_10150081

数あるお店の中で、布切れで野菜や動物を作った飾り雛のようなお店がありました。

買い求めはしなかったのですが、なかなかに面白く見てきました。

Blog2012_10150073

Blog2012_10150085

Blog2012_10150087

Blog2012_10150088

水路脇に咲く花々、ダリア、秋明菊が可憐な花姿が、不思議と溶け込んでいました。

Blog2012_10150082

ここが突き当たりのお店です。この横に長い急な階段があり、健脚な人は登ります。

最初見物してから、だいぶ観光客も減った2時頃に、遅い昼食を摂りました。

名物の1本葱で食べる蕎麦はスルーして、希望は分かれたのですが、一緒の方がいいということで、中ほどのお店で、セットの栗ごはんを戴きました。

それぞれに、お土産などを買い足して、3時前に宿を離れました。

白河インターから東北道に乗り、帰途につきます。

上河内SAで休憩し、6時前に栗橋の妹宅に着きました。

妹、弟を送り、川口の姉を送って、9時頃に帰宅しました。

2泊3日の山形、故郷を巡る旅は、総走行距離1143キロメートルで、無事終えました。

また1年後の旅行を、約束して。

| | コメント (2)

2012年10月18日 (木)

幼少時の故郷へ

Blog2012_10150064

都屋での朝食を7時半から摂り、8時半に鶴岡物産館に向け出発。

買い物を済ませ、10時に天童ホテルを目指す。

月山湖までは登りの連続である。

車もそう多くはないので、順調に走る。

予定より早いので、寒河江SAより妹に若干早い到着を連絡。

12時前に、妹と合流する。

もう1台の車、義弟の車が、ETCカードを差し込んでいなかったため、遅れるアクシデントはあったが、左沢駅での待ち合わせにして先行する。

昨日は閑散としてた駅前が、催しがあり、沢山の人と車だった。

義弟の車と合流して、故郷、貫見(ぬくみ)集落へ向かう。

自分の幼少時は、4,50分かかった道程も、道が広く、真っ直ぐになってるので、20分で行けるようになっている。

途中の十八才(集落名)で、スモール道の駅の様な、農産物販売所に立ち寄る。

玉こんにゃくの煮たのを買い、おばちゃんたちのサービスを受ける。

持ち寄りの接待おかず、おみづけ、凍み大根とニシンの煮つけが、おふくろの味を思い起こさせる。

前に自分の故郷近くに住んでたおばさんと、当時の同級生の話を聞く。

故郷訛りと共に、懐かしい思い出だった。

そこから10分も走れば、もう我が故郷につく。

今は廃校になってる小学校下から、当時住んでいたところへ、ゆっくりと転がす。

橋のたもとが少し広く駐車余地があるので、車を止める。

2012_10140026

2012_10140028

2012_10140029

上の写真2枚目の左側手前が、自分の住んでいた家のあった所です。

もう、50年以上経ってるので、家は変わっている。

ここで近くを見て廻る。

重厚で大きな家だったのが、朽ち果てかけている。

同級生、先輩の家ももう無くなっている。

2012_10140027

石段を登った祠に、お地蔵さんが祀られていた。

左の宅地後には、雑貨やさんがあり、主人は神主、おばさんはお産婆さんで、弟妹を取上げてくれたのだ。

われわれ小中学生は、お地蔵さまを背負って、家々を廻り、お供え物、賽銭を戴き、廻り終えた夕方に、神主さんより分け与えられたことも懐かしい。

ここから昔のバス通りを行けば、家々がすっかり抜けている。

当時、120件くらいの集落が、4分の一くらいになっているようだ。

知ってる家が、悉く消えてるのは、一抹の寂しさがある。

その当時は、あまりいい思い出もないが、過ぎてしまえば、何もかにもが懐かしい。

 

故郷を後にして、大江みちの駅へ行く。

地元の果物、野菜、加工品など、この地でしか売ってないものもある。

其々、土産物を買って、遅い昼食を、韓国ちじみ、チュッパチップスなどでとる。

ここから今日の宿、赤湯温泉 上杉の湯 御殿守(ごてんもり)へ向かう。

途中、寒河江でスーパーやまざわに立ち寄り、弟からそれぞれに、山形の新品種米つや姫5キロを戴く。

4時過ぎに御殿守に入館となる。

続きます。

| | コメント (2)

2012年10月17日 (水)

山形道で湯の浜温泉へ

妹を天童ホテルへ送り、PM3時に山形北ICから山形道で、鶴岡を目指す。

内陸部から、県を横断して、日本海へ抜ける。

山形道は、月山湖PAから湯殿山ICまでは、高速道ではなく、国道112号線となる。

地形、地盤の関係で、工事が難しく、まだ見通しすら立ってない。

大江町から月山湖までの山形道も、山と谷の連続で、橋梁とトンネルの連続である。

よくぞ、こんな場所に道路を造ったことに驚嘆する。

月山湖先の月山花笠ライン(R112)も、走ってる限りは、高速道と変わらない。

信号もなく、歩行者、自転車も走ってない。(山間部だからあたりまえか?)

紅葉の季節になり、周りの山々が鮮やかに色づいた時、駐停車する人がいないか心配である。

西川町、あさひ村を過ぎ、鶴岡ICで下りれば、湯の浜温泉は、もうすぐである。

PM4時40分に、今日の宿海辺の宿 都屋に到着。

本日の走行543キロの長丁場を無事終え、靴を脱ぐ。

日没が5時4分と言うので、夕日の撮影にカメラを構える。

が、日没に近づくにつれ、太陽は雲に蔽われる。

2012_10140016

2012_10140017

2012_10140018

2012_10140019

そんなわけで、期待した夕日は見ることができません。

日本海の暗い海を見ただけになってしまいました。

Blog2012_10150062

Blog2012_10150063

風呂も期待してたのですが、あまり良くありません。

8種の浴槽ということでしたが、期待を裏切りました。

じゃぁ最後の砦、夕食への期待です。

でしたが、これも期待外れとなります。

御馳走は、沢山出てはいるのですが、最初から出し切りなのです。

こんなに数があるのですから、一度に並べないで、食べきる毎に、仲居さんが世話を焼いて欲しかった。

仲居さんも、お年を召した方ばかりで、客をもてなす術を持っていません。

スタッフが居なくて、急に集めた感じで、サービスしてもらえません。

折角の御馳走も、大量に出されてしまうと、おいしさも半減します。

熱いうちに食べるものは熱くという基本がなっていませんでした。

湖の宿を選んだのは、自分がネットで探したので、がっかりです。

この宿のホームページでは、大層良い宿と思えたのですが?

2012_10140020

2012_10140025

朝方、海岸に出てみました。

止まった都屋の全景、5階に泊まりました。

2012_10140021

2012_10140022

2012_10140023

2012_10140024

早朝の海と、ホテル越しに、遠く鳥海山(出羽富士)が雲に霞んでいました。

この辺一帯は、海水浴場なので、シーズンは混雑してるのでしょう。

9時前に、ホテルを出て、鶴岡物産館に寄り買い物(土産)をしました。

10時になってしまったので、天童ホテルの妹に連絡を取り、12時に迎えに行くことを決めて出発です。

山形道の長い上り、月山ラインの登り坂で、一路天童を目指します。

続きます。

| | コメント (2)

2012年10月16日 (火)

山形旅行その1

12日朝7時に栗橋の妹宅を、2台の車に分乗して出発する。

幸いにも天気に恵まれ、ドライブ日和、8時に最初の休憩地上河内SAに到着。

軽い朝食と30分の休憩をとる。

Blog2012_10150047

次の休憩地は、安達太良SA。

Blog2012_10150048

駐車場が満車の上河内とは違い、余裕の場内です。

高速道を走る車は、予想よりは多いが、快調な走りが出来る。

Blog2012_10150049

最後の休憩SAは福島の国見です。

余裕の快速走行で、宮城の村田JCTから山形道へ入ります。

Blog2012_10150050

Blog2012_10150051

昼食は、河北町谷地の食事処葵。

名物の肉そばと、これまた名物のずんだ餅、くるみ餅、ごま餅、納豆餅、あんこ餅を各々好きな組み合わせで取ります。

座敷部屋が空いていたので、ゆっくり1時間ほどかけて、戴きました。

注文しすぎたので、食べ過ぎ状態で、第2の故郷、大江町左沢へ向かいます。

Blog2012_10150052

駅前からの、街中方向です。人っ子一人見当たりません。

田舎の駅前(JR左沢線の終点)は、昼過ぎの日中にもかかわらずの静けさです。

Blog2012_10150053

Blog2012_10150054

Blog2012_10150055

Blog2012_10150056

駅に並んで立つ、交流ステーションへ入ります。

祭りの山車が展示されています。

中へ入ると、自動的にライトが付き、祭り囃子が鳴ります。

Blog2012_10150057

Blog2012_10150058

Blog2012_10150059

Blog2012_10150060

駅裏の楯山公園(日本一公園)に上がってみました。

此処から見る最上川も風景は、かなり絵になる風景です。

最上川舟歌発祥の地である此処には、歌碑が建っているのですが、土器の発掘が行われてたので、立ち入り禁止でした。

もう午後2時になってましたので、同級会参加の末妹を、天童ホテルへ送っていきます。

2時40分、天童ホテル着。

残る我々は、これより山形道で、鶴岡の湯の浜温泉に向け、走ります。

続きます。

| | コメント (0)

2012年10月12日 (金)

山形旅行へ行ってきます

末の妹の同級会に合わせて、2泊3日で山形へ行ってきます。

男女3名ずつの兄弟姉妹で。

今夕のうちに幸手に行き、明日の朝に栗橋の妹宅を出発します。

土曜日は、鶴岡の湯の浜温泉泊、庄内観光の後、天童泊の末妹と合流し、2日目は、南陽市赤湯温泉泊です

その間に、中学生時代まで過ごした故郷へも足を運ぶ予定です。

もう知ってる人も少ない故郷の集落を、ゆっくりと転がして来ようと思っている。

自分としては、ふるさとは 遠きにありて おもうものの心境です。

| | コメント (2)

2012年10月 9日 (火)

権現堂の曼殊沙華

2週置きの幸手詣での昨日、久しぶりに権現堂堤を歩く。

もう盛りは過ぎてるが、曼殊沙華まつりの最後の賑わいで、結構人々が集まっている。

Blog2012_10080017

Blog2012_10080011_2

Blog2012_10080012_2

Blog2012_10080013_2

花の上には、木の葉や埃がかかってるが、まだ全盛時の面影は見える。

色も多少褪せてはいるが、赤の世界の名残はある。

Blog2012_10080014

Blog2012_10080015

Blog2012_10080018

白の曼殊沙華も、所々に散見する。

白花の方が、ちょっと遅めに開花するようだ。

Blog2012_10080016

Blog2012_10080019

前より花の群生場所が、かなり増えて、見応えが出てきている。

Blog2012_10080020

中央用水路縁のフジバカマもやや盛りを過ぎていた。

群生地なので、曼殊沙華とは対照的に、白のぼやけた世界を作っている。

| | コメント (0)

2012年10月 6日 (土)

金山公園&葉唐辛子 

またぞろ金山公園へR3で行く。

公園駐輪場へ自転車を止めて、そぞろ歩きまわる。

Blog2012_10060009

Blog2012_10060010

公園の曼殊沙華は、ほとんど終わりの様相だが、この辺はまだ見られる箇所だ。

Blog2012_10060011

Blog2012_10060012

Blog2012_10060013

調節池の中を歩いてると、上の畑の方向に、ピンクの花園が見えた。

上ってみると、そこはかなり広いコスモス畑になっていた。

去年まではなかったから、今年から植えてくれたものだろう。

ちょうど花の見頃に出会えて、ラッキーでした。

去年は、昭和記念公園のコスモスを見ましたが、今年は行かず仕舞いでしたから。

Blog2012_10060014

直ぐ近くでは、パンパスグラスが白い穂を風に靡かせて見事でした。

Blog2012_10060015

対岸からのコスモス畑と、公園の一部。

コスモス畑の前の、野菜直売所を覗いたら、葉唐辛子があったので、また買ってきてしまいました。

Blog2012_10060016

昨日、三芳パーサーで買ったものより、格段に新鮮です。

Blog2012_10060022

葉と実をとって、酒、醤油、砂糖、出汁で佃煮風に煮しめます。

Blog2012_10060020

Blog2012_10060021

フラッシュたかないでと、フラッシュ使用で、同じものを撮ってます。

本物は、この二つの中間的な色具合です。

一寸の辛みと、唐辛子の香りがして、ご飯の友に最高です。

| | コメント (0)

2012年10月 5日 (金)

葉付き人参と葉唐辛子

久しぶりに三芳パーサーを覗いてみようと出かける。

道すがら、下富地区の畑道へ逸れて寄る。

Blog2012_10050006

この一本立ち姿のヒバの木(?)は、何となく惹かれるものがある。

颯爽として、そそり立ってる様子が好ましい。

Blog2012_10050007

Blog2012_10050008

農道横の曼殊沙華も、今が盛りで整列している。

最近は、至る所に植えられてるから、珍しくはないのだが、秋を代表してる花だ。

多門院の方へ出て、三芳パーサーへ向かう。

パーサーの野菜売り場で、おろぬきの葉付き人参と葉唐辛子に出会う。

なかなか普通のスーパーの売り場では、見当たらないものだ。

どちらも田舎での、オフクロの味ということ。

おろぬき人参は、味噌切りや炒めて食べた。

今回は、簡単に炒めてみた。

人参の香りが濃いのが、特徴だ。

葉付き唐辛子は、佃煮風に煮しめたが、ほとんど量がなくなってしまった。

どちらも香りが主の、大人の味である。

最近は、こういう物が、懐かしくもあり好ましくもある。

Blog2012_10050009_2

Blog2012_10050010

| | コメント (2)

2012年10月 3日 (水)

狭山不動尊 山口観音

先日、多摩湖、狭山湖ポタの折、狭山不動尊、山口観音へ立ち寄る。

狭山湖へ通じる道路より、まず狭山不動尊へ入る。

Blog2012_10010050

Blog2012_10010051

奈良の桜井寺より移築した、4本脚の桜井門。

幕末に天誅組が本陣として利用されてた寺の門とある。

Blog2012_10010052

門をくぐれば、大黒堂が左にある。

Blog2012_10010055

その右手には、第二多宝塔。

Blog2012_10010054

山門越しの本堂。

Blog2012_10010055_2

本堂の境内内には、第一多宝塔。

Blog2012_10010056

山口観音へ向かう遊歩道、お休み処からの五重の塔。

Blog2012_10010058

Blog2012_10010057

Blog2012_10010060

朱に染まる大鳥居をくぐれば、五重の塔。

Blog2012_10010059

五重の塔境内から見える、龍の階段。

Blog2012_10010061

不動尊の周りにめぐらせた塀にも、龍が這っています。

Blog2012_10010062

Blog2012_10010063

五重の塔へ上る階段は、龍が守ってるようです。

Blog2012_10010066

Blog2012_10010067

Blog2012_10010064

Blog2012_10010065

大日堂の横には、八大御本尊様。

子年の御本尊、千手観音と、自分の申年の本尊、大日如来。

山の半分にかかる広い仏域の、上半分を歩いてみました。

| | コメント (0)

2012年10月 2日 (火)

鏡の湖面 狭山湖

昨日とは、うって変って、雲の多い空模様です。

秋津から所沢駅へ出て、本拠地の公園に行きます。

R3を駐輪場へ置いて、お腹を凹まして、公園内を歩きます。

こうすると、お腹の脂肪が燃焼しやすいらしいです。

昼食と夕食は、かなり控えることにします。

運動量に比して、過食気味であったと思うから。

とりあえず、こんなことをしながら、お腹の脂肪を減らそうとしています。

 

昨日の狭山湖の写真

Blog2012_10010068

Blog2012_10010069

Blog2012_10010070

Blog2012_10010071

昨日の狭山湖は、さざ波も立つことはなく、まるで鏡のようです。

湖面に映る景色は、さかさまにしても判らぬほど、くっきりと写り込んでいました。

こんなに鮮やかな、湖面は初めてで感動ものです。

Blog2012_10010072

Blog2012_10010073

Blog2012_10010074

空に浮かぶ千切れ雲も、まるで綿を散らしたようです。

ぽかりぽかり浮かんでる様は、無垢な詩人になったような錯覚に陥ります。

白と青の済んだ美しさで、心洗われる気分になりました。

| | コメント (0)

2012年10月 1日 (月)

多摩湖情景

猛暑の今年でさえも、夏負け知らずで、食欲旺盛。

暑さを理由に、自転車もあまり漕がず、運動量が減った夏。

暑さゆえ、基礎代謝も少ない。

結果、ウエスト4cm、体重4kg増加するという残酷な事実を知らされます。

夏が終わって、自転車日和、せっせと乗り込まないといけません。

台風一過、晴れ渡る青空の下、多摩湖、狭山湖へR3で出動です。

木立の多い多摩湖自転車道は、強風で折られた枝や葉で覆われている。

こんな障害物が多い道は、走らない方が賢明でしょう。

多摩湖から狭山湖へ抜けて、帰って来ました。

Blog2012_10010038

宅部池は、しっとり静まりかえってます。

Blog2012_10010039

いつもの場所で、R3を撮影。

Blog2012_10010040

Blog2012_10010041

Blog2012_10010042

Blog2012_10010043

雨と風に洗われた、多摩湖の空と水。

どちらも負けずに、青の深さを競い合っていました。

Blog2012_10010044

Blog2012_10010045

西武遊園地の観覧車、展望タワー、コースターも鮮やかでした。

Blog2012_10010046

Blog2012_10010047

西武ドームも、いつもと違う装いです。

Blog2012_10010048

Blog2012_10010049

多摩湖上湖と多摩湖大橋。

どの景色も、普段とは格段違ってました。

不純物を、すっかり流した風景には感動です。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »