« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

雑感及び近景

北海道では、冬の嵐で大型停電になった。

この寒さの中、暗くて寒い生活をしている。

やっと復旧の兆しが見えてきて、元の生活に戻れつつある。

その反面、1年半もたつのに、3.11災害の復旧が進まず、帰れない人々が大勢いる。

そんな中、衆議院が解散されて、暮れの16日に選挙となった。

原発、経済、年金、生活、消費税などの問題に、各党が政策を発表する。

新しく生まれた党は、既存の政党のやり方を否定する。

新しい指針を示し、いかにも我々の味方のような存在となる。

我々がこの前選んで、政権交替した民主党も、最初は選挙民の望む政策を掲げたものだ。

しかし政権の座についてみると、予定していた特別会計からのお金もそれほど出ず、マニフェストは守られず、消費税の増税という予定外の仕事をした。

勿論、財政がないのだから、将来子孫のために、借金を残してはならないと言われれば、それも止むなしという、良民の我らが居る。

原発問題も何が何だか分からない。

いざ牙をむけば、コントロールの効かない原発はない方がいいのは当然だが、全部廃止して、経済が滞っても困るし、電気料金が、どんどん上がってしまうのも困る。

我々庶民は、メディアからの情報しかないのだから、メディアは責任ある報道をしてもらわないと困る。

面白くセンセーショナルな報道、庶民受けする取り上げ方は、後々にしっぺ返しが来る。

そんな悲しいような憤りの詰まった一週間であった。

 

最近の近景

Blog2012_11290009

Blog2012_11290010

Blog2012_11290011

Blog2012_11290012

Blog2012_11290013

Blog2012_11290014

ベランダからの近景を集めてみました。

Blog2012_11290015

Blog2012_11290016

本郷東福寺の観音像。

真下からの写真と、金山公園からの遠景です。

| | コメント (0)

2012年11月24日 (土)

がごめ昆布・醤油麹・あわ漬け

最近はまってるのが、ブログタイトルの三つです。

Blog2012_11240016

左の小さいのが、この前の山形旅行で買ってきたもので、タレ入りで昆布は22g。

右は、あまりに美味しいので、この前、通販で取り寄せたもの。昆布だけで150g入り。

Blog2012_11240018

水とタレを入れ、よくかき回す。2,3時間、冷蔵庫に入れておくと、ネバネバ、トロトロになる。

このまま、ご飯にかけたり、豆腐にかけても美味しいが、自分は野菜を細かく切って混ぜる。

Blog2012_11240017

きゅうり、みょうが、こねぎ、大葉を切り刻む。

夏の時分に食べる山形のだしの具である。

Blog2012_11240023

がごめ昆布と混ぜて掻き混ぜれば、出来上がりです。少し、市販のつゆの素を加えて混ぜます。

がごめ昆布から出る出汁と、フコダインという成分のネバトロが最高です。

シンプルに、暖かいご飯にかけるのが一番好きです。

Blog2012_11240020

次は、醤油麹です。生麹、400gに醤油を同量入れ、2週間常温で発酵させたもの。

後は冷蔵庫で保管すれば、3カ月は持つでしょう。

Blog2012_11240021

安い鶏胸肉に、醤油麹をかけて、3時間~一晩、冷蔵庫に保管する。

麹が、肉のアミノ酸を分解して、柔らかくなる。

Blog2012_11240024

そのままフライパンで焼いただけでも美味しい。

冷めても固くならないし、生臭さも消える。

これを、ほかの料理に使いまわすこともできる。

Blog2012_11240022

最後は、最近ヤオコーで見つけた、浅漬けの素あわ漬

醤油の製造過程で出来る泡。

それで浅漬けを漬けて、醸造元では食べてたらしい。

Blog2012_11240019

Blog2012_11240028

上は、これまた自分の好きなはやと瓜の浅漬け。十分漬かってる状態です。

下は、大根、人参、胡瓜を漬けこんだばかり。

このあわ漬は、製品として売り出した加工品ですので、みりん、鰹節エキス、醸造酢、調味料などが入ってますが、低塩製品で、舐めてもしょっぱくありません。

 

Blog2012_11240025

Blog2012_11240027

Blog2012_11240026

今日行ってきた温泉施設・湯楽の里で咲いていた、ごく普通の皇帝ダリア。

| | コメント (0)

2012年11月23日 (金)

多門院の紅葉

昨日、多門院へR3で行った。

その前に、前から気になっていた工事中の現場に、回り道して立ち寄る。

昭和鋼機という工場の跡地に、大きなクレーンが何台も林立してるから、何の工事だろうと思っていたから。

Blog2012_11220029

Blog2012_11220027

Blog2012_11220028

Blog2012_11220030

所沢ロジステクスセンターの建築現場だ。

運輸関係の大きな倉庫のようである。

完成すれば、大きなトラックの出入りが激しくなるのだろうか?

角屋のある上富の交差点を左折して、いも街道を走り、多福寺前交差点を左折し、多門院に着く。

Blog2012_11220031

Blog2012_11220032

Blog2012_11220034

花だけでなく、この寺は紅葉も美しい。

この時期は、来なかったから、紅葉の多さに改めて気付いた次第。

Blog2012_11220033

庭の中に普通の皇帝ダリアより、赤の強い花が咲いていた。

花弁も、大きく数が少ない花だから、多くのそれとは、趣を異にしている。

Blog2012_11220035

Blog2012_11220036

Blog2012_11220037

園内の柿の木には、かなりの大粒の実がなっていた。

紅葉にしろ、柿にしろ、木が大きいので、見応えがある。

 

雨降りの今日、映画「悪の教典」を観に行った。

遠い昔、主人公が少年の頃の事件と、それに気付いた両親の殺害が暗示される。

サイコバス(反社会性人格障害)の主人公は、アメリカの大学生活でで、その傾向を増幅する。

日本に帰り、高校の教師となり、普段は人気のある先生なのだが、裏のサイコバスの症状を気付かれ、同僚の教師を殺し、最後は、クラス全員の生徒を、ライフルで殺すのだ。

そのシーンが惨憺を極める映像だ。

血みどろと、発射するライフルの音が、その惨状を倍加させる。

今まで見た映画の殺戮シーンの中で、もっとも悲惨である。

観終わって、体の中の力が、抜けてしまった。

| | コメント (0)

2012年11月22日 (木)

航空公園の紅葉

寒さが増してから、買い物、近辺ポタ以外、まとまった距離を乗ってない最近です。

Blog2012_11220021

Blog2012_11220022

昨日の公園へ行ってきました。

ユリノキの紅葉が進んでいました。

Blog2012_11220023

銀杏は、もう葉を落としています。

今年は、黄金色になる前に、落葉したようです。

Blog2012_11220024

図書館前の、ハゼの紅葉も、真っ赤にはなりません。

Blog2012_11220025

南駐車場のトウカエデは、例年より綺麗に見えます。

Blog2012_11220026

放送塔ロータリーのモミジとイチョウも、いつもの年より映えていません。

概ね、今年の公園の紅葉は、例年より、かなり低い紅葉度のようです。

| | コメント (0)

2012年11月15日 (木)

西武遊園地

埼玉県民の日の14日、西武遊園地へ行く。

なので、学校が休みということで、知人と娘たちと一緒に過ごす。

県民の日は、入場無料になるので、大挙押し掛けるであろうと、開園と同じくして入る。

流石に、駐車場は、まだ少なく、手前から埋っていくのだろうと、思われる状態だ。

Blog2012_11150035

Blog2012_11150024

Blog2012_11150025

Blog2012_11150026

Blog2012_11150027

Blog2012_11150028

観覧車に乗って見る眺めも、多摩湖や遊園地の全貌は、初めての体験だ。

Blog2012_11150030

Blog2012_11150032

Blog2012_11150033

Blog2012_11150034

回転しながら、上がって行く展望タワーにも乗って見る。

特に、眼下に広がる多摩湖は、真下だけに、迫力ある風景だった。

こちらの方が、視界が大きく開けているので、よりダイナミックな展望が開ける。

1日フリーパスチケットを買ったので、幼児でも危険性の少ないアトラクションで、2時過ぎまで遊ぶ。

子供たちも楽しみ、自分も孫のお守をしたような気分である。

一人では、乗れない、経験できないことが出来た1日でした。

 

今日また覗いた公園の紅葉。

Blog2012_11150040

Blog2012_11150041

Blog2012_11150042

Blog2012_11150043

やはりトウカエデの紅葉が、一段と紅く映えてました。

| | コメント (0)

2012年11月13日 (火)

公園の紅葉始まる

小手指新鮮市場への買い物ポタを済ませて、航空公園へ行く。

暫らく来ないうちに、紅葉がかなり進んでいる。

広葉樹系の紅葉が、真っ盛りである。

Blog2012_11130008

Blog2012_11130009

Blog2012_11130010

上から、桜、イヌシデ、ヤマボウシが程よい赤さ出迎えてくれる。

早く葉が落ちるハナミズキなどは、紅葉を待たずに、枯葉色になり、すぐ落葉してしまった。

猛暑が、10月の初めまで続いたため、今年は紅葉が駄目なんじゃないかと思われた。

が、どっこい、急に気温が下がった今、例年よりもきれいな紅葉を見せてくれる。

Blog2012_11130011

桜の紅葉も、いつもより、赤みが濃いようだ。

Blog2012_11130012

万葉植物園の、ヤマハゼの紅葉はもう少し先のようです。

Blog2012_11130013

Blog2012_11130014

南駐車場と池近くの、トウカエデは例年より紅く染まっている。

いつもは、オレンジ色なのだが、今年は真っ赤に近い。

銀杏の黄、モミジ、ドウダンツツジ、ニシキギなどが深紅に染まるのももうすぐだ。

市街地で、これだけ紅葉が進んでるのだから、秩父、奥多摩、西沢渓谷辺りは、もう終わってしまったのだろうか?

今年も行きそびれた感は否めない。

| | コメント (0)

2012年11月10日 (土)

映画「北のカナリアたち」

昨日に続いて、今日も映画鑑賞、「北のカナリアたち」を見る。

これも素晴らしい映画だった。

まず、20年前の子供たちが、主役だから純真である。

子供ならではの、妬み、憎しみがあり、そのために事件が起きたと、それぞれ後悔の念を抱いて時が過ぎる。

はる先生も、子供たちに言いそびれてることがあり、子供たちも不信の心を持っている。

かっての教え子が、殺人事件を起こしたことにより、北海道に行き、かっての教え子たちに会って、過去の胸のつかえをさらけ出し、歌で結ばれていた当時の心になる。

この映画も、悪人、悪人が居ないのが、人の心の中を覗く物語なのでよい。

人への思いやり、人の気持ちを考えるなど、基本的な人間賛歌である。

先生役の吉永小百合は、居るだけでその場面に嵌っている。

男優の高倉健、女優の吉永小百合は、出演してるだけで、存在価値がある。

利尻島、礼文島、冬の利尻富士、冬の荒れ狂うオホーツク海の映像も、美しさと激しさとを切り取るカメラワークは、流石、木村大作といったところです。

最後にみんなの、わだかまりが解け、子供時代に帰り、合唱する姿にも感涙する。

配役、ストーリー、映像、音楽、どれをとっても素晴らしい。

自分の中では、近年のベストワンの映画である。

| | コメント (0)

2012年11月 9日 (金)

映画「のぼうの城」

紅葉の便りと共に、増してきた寒さに油断があり、このところ、やや風邪気味です。

そんななか保健センターでがん検診を受け、田舎より送られてきた、りんご、柿を受け取りに、2度ほど幸手を往復する。

やっと普段の何もない日常になったので、午前中に新鮮市場の買い物を済ませる。

かねてより見たいと思っていた映画、「のぼうの城」を見に行く。

埼玉の城の話ということも有り、かなりの観客です。

最近の映画では稀な判りやすい話で、郷土埼玉の城が、落ちなかったこともあり、痛快さと面白さがあった。

それと、城の攻防を巡る戦いの映画なのに、攻める豊臣軍、守る忍城軍いずれにも、悪人が居ない映画で、見終わって、後味の良い余韻が残った。

それにしても、我が埼玉に、天下の覇者豊臣軍を相手に、小田原北条軍で只一つ落城しなかったなんて、気持ちいい外はない。

豊臣軍の総大将、石田三成(上地雄輔)が、堤防を壊した百姓を許したり、田圃に敷いた俵を片づけたりしたことは、今までの三成像を覆していた。

のぼうの殿様(野村萬斎)は、本当に木偶の坊なのか、賢いのかわからないが、民百姓、家臣に好かれた城代だったのは、間違いない。

戦いの映画で、こんなに暗くならない撮り方もあるのだなと感心した。

久方ぶりに、面白い映画だったと思う。

| | コメント (0)

2012年11月 6日 (火)

権現堂散策

薄寒のなか、権現堂を散策する。

Blog2012_11050009

Blog2012_11050010

権現堂調節池の水門が、開けっ放しになっていた。

今は調節地も、中川も水位が低い。

そんな中川の浅瀬に、ダイサギが一羽、水面を凝視している。

Blog2012_11050012

Blog2012_11050013

外野橋と中川を、上流方向を眺める。

Blog2012_11050014

菜の花畑は、緑一面。まるで春先の若葉のようで、これから花を付けそうな感じ。

Blog2012_11050015

Blog2012_11050016

中央部にある峠の茶屋も、黒を基調にして、シックな装いになってきてます。

今日は、散歩する人も疎らでしたが、売り出し中の手作りパンを、幟を数本立てて営業してました。

| | コメント (0)

2012年11月 4日 (日)

彩の森公園~安比奈親水公園

Blog2012_11040018

昨日も、此処を通ったのだが、航空ショーの見物人で溢れていたので、気が付かなかったが、なんと豊岡第一整形外科病院が、廃墟になっていた。

Blog2012_11040019

反対側の入間基地は、人も車も飛行機もなく、ひっそりと静まっていた。

昨日の喧騒は、何だったのだろう?

Blog2012_11040020

Blog2012_11040021

Blog2012_11040022

彩の森公園にも寄ってみる。

百合の木が紅葉し、ポプラ並木は、未だ緑の葉です。

上池と愛車R3をコラボしてみます。

Blog2012_11040023

Blog2012_11040024

入間市駅前の坂を下り、豊水橋にやってきました。

入間川は、満々と水を溜め、優雅に流れてます。

Blog2012_11040025

Blog2012_11040026

Blog2012_11040027

Blog2012_11040028

Blog2012_11040030

普通のコスモスは終わり、黄花コスモスが代替わりして、真っ盛りです。

Blog2012_11040029

公園から、下流方向を眺めれば、草が刈り取られ、すっきり爽やかです。

Blog2012_11040031

公園内の小川も、好ましい佇まいでした。

Blog2012_11040032

小川の映像に、自分の影が写ってたので、園路で遊んでみました。

Blog2012_11040033

Blog2012_11040034

帰路、入間川大橋の下に、たくさんのチュウサギが群れていました。

これくらいの数でしたら、微笑ましいと言えるかな?

本田技研狭山工場の横を通り、狭山台交番で県道126号線に出て帰りました。

2車線拡幅工事も、かなり進み、終わりに近づいてました。

サイコンをリセットしてないので、約38kmのポタでした。

| | コメント (2)

2012年11月 3日 (土)

入間航空祭

航空ショーを見に行く。

豊岡外科前の広場は、閉鎖されてたので、彩の森公園に行く。

2012_11030026_4

ここでも、あらかた見られそうだが、すぐ入口の近くなので基地に入る。

すごい人の群れだが、滑走路前まで進む。

2012_11030027_2

2012_11030028_2

2012_11030029_2

人の頭越しにしか見えないので、左の方へ移動して、一番前に出られた。

2012_11030030_2

2012_11030031_2

2012_11030032_2

2012_11030033

展示されてる機種の中に、整列しているブルーインパレスを見つける。

奥の見えるブルーの尾翼の機種だ。

2012_11030034

メダリストの御礼パレードがあった。写真は、ボクシング銀メダルの清水選手。

2012_11030035

これはFー15戦闘機(?)かな?

2012_11030036

これとF-2戦闘機の飛行もあったが、動きが速くてキャッチできず。

2012_11030037

2012_11030038

2012_11030040

2012_11030041

折角一番前にでたのですが、肝心のブルーインパレスの演技が始まる前に、生理現象を催し、残念ながら離れてしまったので、人混みの中で見ることに。

2012_11030044

2012_11030045

ハートを射抜く、飛行も有り、観客を沸かせます。

2012_11030047

2012_11030048

2012_11030049

2012_11030050

安価なデジカメなので、アップの映像は撮れないですね。

周りの皆さんは、1眼レフに望遠レンズで、ばちばち連射してました。

最後の方で、6機のブルーインパレスの中の1機が、軽い故障したようで、最後の飛行は取りやめとなったようです。

会場から出るだけで、30分以上かかる大人数が来場してました。

そうそう途中では、トイレにも行けなくなります。

自分は、本部に行って、緊急事態を説明して、施設のトイレをお借りしました。

人の大勢集まるところでは、早目に済ませておく必要を痛感した次第です。

| | コメント (0)

2012年11月 1日 (木)

多摩湖自転車道

久方ぶりに、FCRで多摩湖自転車道へ行ってみました。

休養十分、荒幡の坂は、いつもより軽い感じでした。

Blog2012_11010013

Blog2012_11010014

Blog2012_11010015

Blog2012_11010016

狭山公園の花壇には、秋の花々が程よく咲いていました。

喜びも束の間、多摩湖へ上る坂では、既に失速してしまいました。

Blog2012_11010017

プラタナスも少しずつ色づき始めました。

Blog2012_11010018

Blog2012_11010019

堰堤路から、下の狭山公園を見ると、じんわり紅葉が始まっていました。

11月3日の入間航空ショーの練習でしょうか、飛行機が飛び交っていて、それを目当ての人もいました。

多摩湖を一周して、狭山湖経由、ヤオフジを覗いて、帰宅の軽めのポタでした。

Dis 38.09km               Max 41.5km/h

Tim 1h55m                Ave 19.8km/h

過日、雨上がりの朝、朝霧と富士山がきれいだったので、撮ってみました。

Blog2012_11010011

航空公園では、金木犀に代わって、柊木犀の白花が、芳香を漂わせていました。

金木犀ほどの強烈なむせかえるほどの匂いとは違い、仄かな甘い匂いでした。

Blog2012_11010012

| | コメント (2)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »