« 多門院の紅葉 | トップページ | 雑感及び近景 »

2012年11月24日 (土)

がごめ昆布・醤油麹・あわ漬け

最近はまってるのが、ブログタイトルの三つです。

Blog2012_11240016

左の小さいのが、この前の山形旅行で買ってきたもので、タレ入りで昆布は22g。

右は、あまりに美味しいので、この前、通販で取り寄せたもの。昆布だけで150g入り。

Blog2012_11240018

水とタレを入れ、よくかき回す。2,3時間、冷蔵庫に入れておくと、ネバネバ、トロトロになる。

このまま、ご飯にかけたり、豆腐にかけても美味しいが、自分は野菜を細かく切って混ぜる。

Blog2012_11240017

きゅうり、みょうが、こねぎ、大葉を切り刻む。

夏の時分に食べる山形のだしの具である。

Blog2012_11240023

がごめ昆布と混ぜて掻き混ぜれば、出来上がりです。少し、市販のつゆの素を加えて混ぜます。

がごめ昆布から出る出汁と、フコダインという成分のネバトロが最高です。

シンプルに、暖かいご飯にかけるのが一番好きです。

Blog2012_11240020

次は、醤油麹です。生麹、400gに醤油を同量入れ、2週間常温で発酵させたもの。

後は冷蔵庫で保管すれば、3カ月は持つでしょう。

Blog2012_11240021

安い鶏胸肉に、醤油麹をかけて、3時間~一晩、冷蔵庫に保管する。

麹が、肉のアミノ酸を分解して、柔らかくなる。

Blog2012_11240024

そのままフライパンで焼いただけでも美味しい。

冷めても固くならないし、生臭さも消える。

これを、ほかの料理に使いまわすこともできる。

Blog2012_11240022

最後は、最近ヤオコーで見つけた、浅漬けの素あわ漬

醤油の製造過程で出来る泡。

それで浅漬けを漬けて、醸造元では食べてたらしい。

Blog2012_11240019

Blog2012_11240028

上は、これまた自分の好きなはやと瓜の浅漬け。十分漬かってる状態です。

下は、大根、人参、胡瓜を漬けこんだばかり。

このあわ漬は、製品として売り出した加工品ですので、みりん、鰹節エキス、醸造酢、調味料などが入ってますが、低塩製品で、舐めてもしょっぱくありません。

 

Blog2012_11240025

Blog2012_11240027

Blog2012_11240026

今日行ってきた温泉施設・湯楽の里で咲いていた、ごく普通の皇帝ダリア。

|

« 多門院の紅葉 | トップページ | 雑感及び近景 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多門院の紅葉 | トップページ | 雑感及び近景 »