« 蝋梅が咲き始めた | トップページ | バイオリン独奏「別れの朝」 »

2013年1月14日 (月)

雪見風呂

10時頃より降り始めた雪は、ものの1時間も立たないうちに、全てを呑み込む勢いだ。

明日から、通夜、告別式と続き、通夜の後は、葬儀場で泊ることになる。

線香の火を、消すことなく守るために。

昨日の時点より、今日の雪の予報が出ていたので、10時を待たずに、所沢温泉spa「湯楽の里」へ行く。

雪は降りだしたばかりである。

降りしきる雪を、露天風呂に浸かり、眺めるのは風情がある。

ケヤキの大木にも、直ぐに雪の花が咲いてきた。

水を含んだ雪は、湯から出ている体に当たると、冷たさに驚く。

のぼせることはなく、いつまでも無限に入って居られそうな気がする。

雪の情緒に浸ってると、帰りの車が心配になってきたので、1時間余で出る。

館から出ると、外は白銀の世界に一変していた。

僅か1時間の間に、至る所が雪で覆われ、地が出てる所はないほどだ。

車にも、もう3センチほど積っている。

雪を掻き落とし、駐車場から出ると、車は30キロを超えるスピードの、ノロノロ運転が続く。

往路の普通の道路から、雪国の道路になっていた。

これを打ってる今も、雪の降る勢いは止まらない。

早いうちに止んでくれsnow明日にも影響があるようでは困る。

Blog2013_01140007

Blog2013_01140008

|

« 蝋梅が咲き始めた | トップページ | バイオリン独奏「別れの朝」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蝋梅が咲き始めた | トップページ | バイオリン独奏「別れの朝」 »