« あけましておめでとうございます | トップページ | 蝋梅が咲き始めた »

2013年1月10日 (木)

従姉の死

松の内が明けた9日の深夜、従姉の死の知らせが入った。

肝臓ガンで81歳の死は、親族が看取ることもなく、息を引き取ったようだ。

子供は二人いるのだが、嫁いだ娘は、鬱的状態に陥っていて、息子は若い時分に、転倒して頭を打ち、大手術の後、生還は果たしたのだが、今は車椅子の生活を余儀なくされていて、施設の方で暮らしていた。

83歳になる従姉の連れ合いが、一人自宅から通い、病状を見守ってきた。

気丈な従姉は、死の直前まで、子供と連れ合いの、その後を心配して、10通の封書を残して、それぞれに当てている。

生前彼女は、そういう負荷を抱えていても、明るく積極的に対処していて、微塵も暗さとか悲しみを感じさせることはなかった。

自分より、一回り上の従姉には、自分も大変世話になった。

年末年始の、花葬場は、一週間待ちの状態で、葬儀は16日まで待つことになった。

通夜葬儀のことは、昨日決めてきたが、未だいろいろやらなければならないことを、従姉の連れ合いの力になってあげよう。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 蝋梅が咲き始めた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとうございます | トップページ | 蝋梅が咲き始めた »