« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

三芳パサール・トラックセンターほか

三芳パサールへR3で行く。

行きは多門院経由、帰りは角屋経由で走る。

距離は、ほぼ5.4kmで変わらない。

野菜と北海道物産から、納豆昆布と生食用昆布を買う。

納豆昆布は、がごめ昆布である。生食用昆布は、そのままサラダなどで食べられる。

Blog2013_05310006

Blog2013_05310007

三芳パーキングは、程よい駐車数である。

Blog2013_05310008

Blog2013_05310009

Blog2013_05310010

三芳上富の昭和鋼機跡地に、大きなトラックセンターが完成していた。

まだ営業はしていない。

 

2時過ぎに、リハビリに行った帰りに、公園を廻って帰ってきた。

Blog2013_05310017

Blog2013_05310016

Blog2013_05310019

Blog2013_05310020

彩翔亭庭園の金糸梅と未央柳(びようやなぎ)が咲き始めてます。

満開になると、金色に輝きます。

Blog2013_05310018

蝋梅園は、緑の葉が茂って、夏の世界です。

すごく葉が多くて、蝋梅の花の可憐な面影は浮かばない。

| | コメント (0)

2013年5月29日 (水)

咲き始めの紫陽花

権現堂の紫陽花です。

Blog2013_05270034

ようやく花の蕾が膨らんだ段階なので、まだ、紫陽花まつりは始まっていません。

Blog2013_05270035

Blog2013_05270036

Blog2013_05270039

Blog2013_05270038

やっと色づき始めた花も、ぼちぼちありますが、全体的には1%にも当たりません。

Blog2013_05270037

Blog2013_05270040

Blog2013_05270041

Blog2013_05270043

Blog2013_05270044

カシワバアジサイにも、二種類あって、花付きの密なのと、粗いのがあります。

Blog2013_05270045

斑入りの紫陽花にも、花芽が出てきました。

Blog2013_05270046

隅田の花火も、まだ打ち上げが始まったばかりです。

Blog2013_05270042

アナベルの場所には、その大きな花塊を支える棚が作られていました。

もう二週間もすれば、至る所、紫陽花が咲き、彩り鮮やかになるでしょう。

| | コメント (0)

2013年5月28日 (火)

近辺散歩・権現堂散歩

中新井から下富方面へ歩く。

Blog2013_05270025

Blog2013_05270026

中新井の歩道沿いの民家で、カシワバアジサイが咲き始めた。

まだ咲いたばかりで、緑っぽい花だ。

Blog2013_05270027

下富の民家の庭先から、夏グミが真っ赤に熟れて、はみ出していた。

子供の頃は、塩水で洗って、かなり食べた思い出がある。

Blog2013_05270028

Blog2013_05270029

同じ下富でのポピーが、道端で溢れていた。

Blog2013_05270030

ネギ坊主も真丸に膨らんで、植物の命を繋いでいる。

 

権現堂散歩

Blog2013_05270031

Blog2013_05270033

山羊舎を堤防の道から見ると、いい感じの雰囲気です。

Blog2013_05270032

行幸湖から大量の水が、中川に放出されてました。

その勢いで、上流にも水の流れがおきてるようです。

Blog2013_05270047

土手下の道も、緑色の中で、静まりかえっていました。

Blog2013_05270048

奥の方の駐車場の拡張工事は、アスファルトではなく、芝生を網目状の物で押さえています。

この方が、雨水が浸透するから、全面舗装より、より自然なのかな?

| | コメント (0)

2013年5月26日 (日)

多摩湖ポタ

Blog2013_05240034

北山公園そばのいつもの畑に、スモークツリーが煙の花を咲かせていました。

Blog2013_05240035

狭山公園から宅部池の傍を通ります。

池のあちこちで、黄菖蒲が咲いていました。

Blog2013_05240036

多摩湖、遊園地側で、今日の相棒FCR号。

いつものように多摩湖を一周します。

Blog2013_05240037

多摩湖の白砂青松といった風景でしょうか?

天気のいい日は、来るたびに感動します。

Blog2013_05240038

狭山湖の東屋から、給水塔を望む。

この時期は、木々の0緑が写り込むようで、湖面がより青くなるみたい。

狭山湖から北野、三ヶ島の方へ下る道路は、中ごろから繋がっていました。

道路工事が下で行われていたからでした。

こんな時自転車は、端を通り抜けられるので、有難いと思う。

| | コメント (0)

2013年5月25日 (土)

北山公園

北山公園の花菖蒲の様子を見に行く。

Blog2013_05240020

この一角だけが、咲きだしていた。

Blog2013_05240021

Blog2013_05240022

Blog2013_05240023

Blog2013_05240024

まだ全体の1%にも満たない開花から、部分部分を拾い集める。

Blog2013_05240025

Blog2013_05240026

Blog2013_05240027

Blog2013_05240028

Blog2013_05240029

各圃場に、ぽつんぽつんと散らばって咲いている状態だ。

咲いてる花が、少ない分、却って愛おしい思いすらする。

Blog2013_05240030

Blog2013_05240032

Blog2013_05240031

全体を見回せば、こんな感じで、殆ど開花してない。

Blog2013_05240033

北山公園入り口の池には、葦が生い茂っていて、牛ガエルが、ひっきりなしに野太い声で鳴いてました。

| | コメント (0)

2013年5月24日 (金)

カラタチ・桃の実&カルミアの花など

Blog2013_05230031

Blog2013_05230033

図書館周りの植物に実が結びました。

㊤ カラタチの実   ㊦ 桃の実

Blog2013_05230032

図書館周りの丘は、グリーン一色で静寂な世界です。

Blog2013_05230034

蝋梅園の片隅で、タニウツギが最盛期です。

Blog2013_05230035

Blog2013_05230038

Blog2013_05230036

他のカルミア(アメリカ石楠花)は、散り始めて、見る影もないが、ここはどうにか残っていた。

蕾のうちは、金平糖みたいで可愛いですね。

Blog2013_05230039

Blog2013_05230037

カルミアの前で、MY相棒R3号。

Blog2013_05230040

奥の緑は、農家の自家林、砂塵避けにもなっているのでしょう。

家の裏は、こういった真っ直ぐな広い畑地です。

県道56号線の両側、農家の裏から畑になります。

江戸時代に柳沢吉保の命による開墾政策の名残で、整然とした農地になっています。

| | コメント (0)

2013年5月23日 (木)

ユリノキの花・市役所周り

Blog2013_05230021

サッカー広場の裏のユリノキ並木。

程よい木陰で、ちょうどいい塩梅。

Blog2013_05230022

Blog2013_05230023

Blog2013_05230024

Blog2013_05230025

端の樹が枝が下に広がっていたので、引っ張って上からの顔を撮ることが出来ました。

花の中のごみを取り除いたら、雄蕊が倒れてしまった。

独特の配色の、この花が好きです。

 

Blog2013_05230030

Blog2013_05230026

Blog2013_05230027

所沢市役所の周りは、竹で囲まれています。

竹林の風情は、心を穏やかにしてくれます。

色んな種類の竹がありますが、黄金色に輝きそうな、キンメイモウソウチクの竹林です。

Blog2013_05230028

Blog2013_05230029

市役所前の通りから、航空公園駅方と反対方の様子。

| | コメント (0)

2013年5月22日 (水)

映画「のぼうの城」の忍城

19日の日曜日、羽生霊園へ行く前に、時間があるので、行田市の忍城へ立ち寄る。

映画「のぼうの城」のモデルとなった所である。

映画の御蔭で、来場者が増えたようである。

Blog2013_05190020

Blog2013_05190023

この忍城本丸跡に、昭和63年に3階櫓の郷土博物館が建設され開館しました。

忍城は1479年から、城主は変わったものの、明治6年に競売に掛けられて、かっての面影は、無くなってしまったようです。

この博物館では、中世の行田、近世の行田、足袋と行田、古代の行田とテーマ毎に展示されています。

歴史好きな方は、一見の価値があるでしょう。

Blog2013_05190018

Blog2013_05190022

Blog2013_05190024

Blog2013_05190019

Blog2013_05190021

Blog2013_05190026

Blog2013_05190027

Blog2013_05190025

忍城の周りは、水路が幾重にもめぐらせてあり、浮き城と言われた、防御に長けた城のようです。

その利点を発揮して、豊臣方2万の兵に対して、農民兵も合わせた僅か500の兵で、一度は持ちこたえたのが、映画「のぼうの城」に描かれています。

行田は、足袋の製造が江戸時代の終わりごろに、最盛期を迎えたようです。

1時間ばかり見学、3階櫓にも登ってみました。

他の城の天守閣とは違い、昇り易い内部の階段でした。

ここから羽生霊園へ向かいましたが、途中、羽生・道の駅に寄り、野菜が豊富で、安く売られていたので、買い求めました。

| | コメント (0)

2013年5月21日 (火)

セントグレースガーデン

日曜の19日に妹弟と、共同墓地型の永代供養墓を見に、羽生に行ってきました。

年に一回の合同供養と合わせて、歌のステージもあると言うので、羽生セントグレースガーデンという墓地の見学です。

チラシでは、3000坪の広大な墓地とありましたが、そんなに大きくは感じません。

1時から、ハート・トウ・ハートと言う名の3人組のアメリカ人のグループのミュージックが始まりました。

Blog2013_05190029

Blog2013_05190030

左側のリーダーのジェームスと右側のフリップは、もう39年間も、日本で活動しているようです。

震災地には当然、刑務所、老人ホームなどへの慰問も行っているようです。

自分たちが作ったオリジナル曲(日本語で作った)や和洋の名曲など、10曲くらい歌ってました。

優しい歌い方で、なかなか好評でした。

曲と曲の間に、トークも挟んで、楽しませてくれました。

ステージ終了後、CDの販売をしてたので、妹が一枚購入。

15曲入りで2000円でした。

Blog2013_05190028

Blog2013_05190031

Blog2013_05190032

霊園内は、種々の薔薇が咲いているので、綺麗な墓地ではあります。

合同供養の読経が始まる前に、御暇致しました。

5年前から売り出してるようですが、その割には墓地の空きが多いのは、共同墓地の方が売れてるからなのでしょうか?

| | コメント (0)

2013年5月20日 (月)

緑の散歩道

家の近所の武蔵野の面影を残す散歩道。

Blog2013_05180049

Blog2013_05180050

真ん中辺と出口の佇まいは、ちょっと雰囲気が違います。

暑い時でも、ひんやりする様な、木立の中の散歩道です。

Blog2013_05180051

Blog2013_05180052

Blog2013_05180053

そこからちょっと離れた、もうひとつの木立の中の道です。

二枚目は杉林で、反対側には檜が植えれています。

三枚目は雑木の林で、目に優しい場所です。

Blog2013_05180054

パイプ柵で囲まれてる栗畑が、車が突っ込んだようで、倒されています。

反対側も倒壊しています。

柵に取り付けられた警察の届け出を促す文から、交通事故のようですが、そんな事故の起こるような所ではないのですが?

Blog2013_05180055

Blog2013_05180056

近くの民家の庭に、見慣れない花が咲いてたので行ってみました。

小花が密集している庭木です。

何と云う名のついた花か判りません。

| | コメント (0)

2013年5月18日 (土)

公園の巨木等&花

Blog2013_05180021

展示輸送機の周りでは、ピラカンサスが真っ白に開花してます。

Blog2013_05180028

Blog2013_05180030

Blog2013_05180029

彩翔亭の池に咲く、紅白の睡蓮と黄色の河骨(こうほね)の花が浮かんでます。

Blog2013_05180026

タニウツギも白、ピンク、濃い色ピンクと三色咲きですが、おくゆかしい。

Blog2013_05180027

Blog2013_05180031

Blog2013_05180038

早くも実を付けた蝋梅、ウグイスカグラ、桜。

ソメイヨシノはクーロンだから、結実しないと云うが、実を付けてる木と、付けてない木がありますね。

Blog2013_05180037

Blog2013_05180023

Blog2013_05180035

遠くからでも目立つスダジイの巨木に、栗の花に似た黄色の集合体が目に飛び込んできます。

Blog2013_05180024

Blog2013_05180025

このスダジイは、根回りがいちばんふといんじゃないでしょうか?

Blog2013_05180032

このマテバシイもかなりの巨木です。

Blog2013_05180033

Blog2013_05180034

幹回りが太いのは、プラタナスでしょうか?

プラタナスは鈴懸の木の総称らしい。

Blog2013_05180039

Blog2013_05180040

ユリノキも大きな木ですね。

もう、花が咲き始めてます、ほんとに早いね。

他に公園には大きな木がまだまだあります。

ヒマラヤスギ、メタセコイア、エノキ、ケヤキ、クスノキ、シダレヤナギ等です。Blog2013_05180022

公園の池には、鴨が四羽だけ残っていました。

| | コメント (0)

2013年5月17日 (金)

薔薇屋さんの薔薇

13日に幸手へ行った時の記事です。

権現堂公園の交差点にある、薔薇栽培屋さんの外回りは、薔薇の花で囲まれています。

Blog2013_05130027

Blog2013_05130028

Blog2013_05130029

Blog2013_05130030

Blog2013_05130026

最近の薔薇は、色んな種類の花が咲いて、一個一個に目を凝らしてしまいます。

もう早いもので、初夏の花、薔薇が満開の時候になりました。

下は、昼咲夕化粧が、薔薇の根元で、ひっそりと咲いていました。

Blog2013_05130031

Blog2013_05130032

Blog2013_05130033

Blog2013_05130034

Blog2013_05130035

Blog2013_05130036

同じ木に色の変化が現れている。

自分は、2番目の肌色じみた柔らかい色が好きかな?

濃い黄色い花も、卵の黄身を連想させる暖かい色です。

前は、花なんて気を付けてみることがなかったが、現役引退して、ブログなぞやり始めたら、注意深くなりました。

それだけ、時間や仕事などから、自由になれたということでしょう。

| | コメント (0)

2013年5月15日 (水)

権現堂公園

13日に権現堂公園を散策する。

Blog2013_05130020

中川の水位があるので、行幸湖の水門が、くっきりと水面に映り込んでいました。

Blog2013_05130022

Blog2013_05130024

池の睡蓮も株も増え、花もだいぶ大きくなっています。

Blog2013_05130023

Blog2013_05130021

池の辺には、新しく山羊舎が作られ、白黒2匹のヤクヤギが飼育されていました。

公園は、紫陽花の咲くまでは、暫し静寂の時です。

Blog2013_05130025

駐車場を経ての今の権現堂堤。

手前の低い緑が、紫陽花です。

 

Blog2013_05130037

中川を渡る、東武野田線に電車が来ました。

この辺の護岸も、洪水対策工事が施工済みです。

Blog2013_05130038

弟宅の近く、高須賀の水田も田植えが終わっていました。

春から初夏への移り変わりが進んでるようです。

| | コメント (2)

2013年5月14日 (火)

近辺の花~ジャーマンアイリス

今は何処へ出ても、ジャーマンアイリスが花盛りです。

Blog2013_05120030

Blog2013_05120031

Blog2013_05120032

手はじめは、歩道の花壇。

Blog2013_05120040

Blog2013_05120041

この畑の際に咲くジャーマンアイリスは、いろんな色があるのだが花持ちが良くない。

咲いた端から萎れて変色してしまう。

Blog2013_05120042

ここは花園の児童公園。

アイリス、芍薬、パンジーなど色んな花が植えられている。

Blog2013_05120043

Blog2013_05120044

Blog2013_05120045

Blog2013_05120046

Blog2013_05120047

白地に青の模様が、一番はっきりと人面相が出てますね。

Blog2013_05120033

Blog2013_05120034

Blog2013_05120035

ヒナゲシも旺盛に咲き、種の保存に励んでいるようです。

ムラサキツユクサの下方で、小判草が隠れていました。

Blog2013_05120037

Blog2013_05120036

紫蘭と銭葵、ムラサキハナナなど紫色も多く目にします。

Blog2013_05120038

Blog2013_05120039

タニウツギでしょうか、沢山の花を付けて賑やかです。

Blog2013_05120048

アヤメも今が盛りです。

Blog2013_05120049

整列している松の前でR3。

Blog2013_05120050

中富南の道端公園ふれあい広場でのR3。

Blog2013_05120051

日大芸術学部、中富南住宅のプロムナードで。

| | コメント (0)

2013年5月12日 (日)

公園・彩翔亭

何もない日の公園詣でです。

Blog2013_05120052

風薫る五月、新緑が輝く季節です。

北入口の銀杏並木。

Blog2013_05120053

藤棚回りの薔薇も咲き始めました。

Blog2013_05120054

Blog2013_05120055

彩翔亭の庭園も、石楠花を除けば、緑一色の世界です。

池には、小さいながらも、ピンクの睡蓮の花が浮かんでいました。

Blog2013_05120056_3

Blog2013_05120057

図書館傍の石楠花は、独特な色遣いと、雰囲気のある花が咲きます。

Blog2013_05120058

図書館の方から見るNTTの電波塔。

青い空と緑の木々の中で、紅白が映えています。

| | コメント (0)

2013年5月11日 (土)

パサール三芳

群馬の山菜や、地元三芳の野菜を目当てに、パサール三芳へ行く。

PASARとは、パーキングのPA,サービスのSA、リラクゼーションのRを組み合わせた造語で、パサールと読ませるらしい。

途中、砂川沿いに大きな調整池がある。

草の緑で、高低差、広さなど判りにくいが、かなりの容量がある。

Blog2013_05100021_2

手前の土手場に、紫の草花が茂っている。

Blog2013_05100022_2

Blog2013_05100023_3

道路脇にも、かなりの頻度で繁茂している。

マメ科の草花に思えるが、調べても判らなかった。

 

パサール三芳へ着く。

駐車場は、小さいので停められない時もあるが、自転車R3号なので、そんな心配もない。

この前は、北海道物産展をしていた催場コーナーは、築地物産展に変わっていた。

漬けもの、海産物の加工品などの酒のつまみ物が多いように思う。

今日は、職の駅・地産マルシェで野菜を中心に、キノコ、コンニャク、コゴミなど10点くらい買う。

Blog2013_05100039_2

Blog2013_05100040

早速、ちじみホウレンソウの胡麻和え、コゴミの御浸しを作る。

甘みと、特有の味を楽しむ。

ヒラタケと云うキノコと、コンニャクを煮る。

ヒラタケは、歯触りと、キノコの味が濃厚で美味である。

| | コメント (2)

2013年5月10日 (金)

多門院の今は

再び多門院に向かう。

Blog2013_05100024

アヤメがひっそりと咲いている。

Blog2013_05100025

Blog2013_05100026

Blog2013_05100027

牡丹の花が終わったら、直ぐ咲きだしたのは、芍薬の花。

牡丹よりは、小ぶりで清楚な感じです。

Blog2013_05100037

Blog2013_05100030

Blog2013_05100031

Blog2013_05100034

牡丹の華やかさの後に訪れたひと時の静けさのような花です。

Blog2013_05100028

Blog2013_05100038

牡丹の花の後は、こんな風になっていました。

Blog2013_05100029

黒蝋梅の花は、枯れたような花です。

Blog2013_05100032

Blog2013_05100033

ナンジャモンジャの木には、緑白色の花が付いてますが、正になんじゃもんじゃ?という感じです。

Blog2013_05100036

大きな葉っぱの下では、シラネアオイの花も地味に咲いていました。

詳しく見れば、まだまだ楽しめる多門院の庭です。

| | コメント (0)

2013年5月 8日 (水)

i入間川CR快走のはずが・・・

この間入間川CRを走って、スピードに乗れるコースだったので、今日も行く。

県道126号から入間川大橋でCRに入ります。

Blog2013_05080006

Blog2013_05080007

入間川大橋から富士山を望む。

今日の相棒FCR ZEROも記念に撮ります。

西武文理大学、安比奈親水公園を過ぎれば、初雁橋です。

Blog2013_05080008

初雁橋から下流方、JR川越線、奥に東武東上線が走ります。

橋を渡って、左岸から右岸のCRになります。

落合橋から入間大橋までは、平坦で真っ直ぐな道となり、こんな自分でも、29km/h~30km/hで巡航出来、気持ちいい走行です。

Blog2013_05080009

Blog2013_05080010

程なく入間大橋になりました。

橋上から上流方向の入間川と、相棒FCR ZERO。

橋を渡れば、荒川右岸CR。

上江橋から南古谷、上福岡を抜けての家路となります。

この時までは、快調に走ってたので、あまり早く帰ってもなぁ、イオン・ワーナー・マイカルで映画でも見て帰ろうか、などと暢気に思っていたのですが、ふじみの市役所過ぎでトラブルです。

信号待ち後の走りだしが、変です。

後輪が、ガタンコトン。見てみるとタイヤがペッチャンコ。

パンクかと思い、上の台団地の公園まで引いて行きました。

はずして調べてみると、パンクではありません。

ただエアが抜けてるだけです。

バルブが悪いのかなとは思いつつも、携帯ポンプでエアを充填します。

適量空気圧までは入れられず、ゆっくり走り家まで持たせようとしました。

が、川越街道を渡った所で、またエアが抜けてしまいました。

傍の寺の駐車場の片隅で、新しいチューブと交換することに。

ところが、使い慣れてない携帯ポンプと、去年新品にしたチューブのバルブが、デリケート過ぎて、折ってしまいました。

もう観念して、押し歩きです。この地点で約39km。

家まで約8kmあります。

悪いことに風が強まってきて、砂埃が襲ってきます。

本来なら、映画を見てるか、家でゆっくりしてる筈なのに、かっこ悪い押し歩きが1時間40分。

最後の方は、足の底が痛んだりして、ほうぼうの体で帰って来ました。

Blog2013_05080012

チューブ2本ともオシャカにしてしまいました。

取り敢えず、前のチューブがあったので、装着して当座をしのぎます。

快走から一転、トラブル続きの自転車行となってしまった一日でした。

| | コメント (0)

2013年5月 7日 (火)

所沢駅・野生化インコ

所沢駅が東西通路が自由になり、便利になった。

屋上庭園が出来たと云うので行ってみる。

Blog2013_05050036

東口駅から、くすのきホール方を見る。

Blog2013_05050034

Blog2013_05050035

屋上庭園と云う程のものではなく、狭いので、がっかりする。

Blog2013_05050037

Blog2013_05050038

東口近くのピンクのオオムラサキ躑躅。

Blog2013_05050039

Blog2013_05050040

Blog2013_05050041

くすのき台のクリニックで咲いていた、大手毬と薮手毬でしょうか。

大手毬は、ほんのりピンクがかってきれいです。

Blog2013_05070004

所沢駅西口も、きれいになりました。

 

Blog2013_05070005

Blog2013_05070006

最近、早朝に野生化したインコが来るようになりました。

マツバギクのワカメを食べにくるようです。

多い時には、5羽が手摺に並びます。

カメラを構えて寄っていくと、殆ど逃げます。

個体差があるのでしょう、中の一羽は勇敢な性格なのか、写真を撮らせてくれます。

オナガよりは一回り大きく、素早い飛び方です。

| | コメント (0)

2013年5月 6日 (月)

公園の花・

Blog2013_05050026

Blog2013_05050027

良く有名なのは、胡蝶蘭の人面模様。

パンジーにも、それがあった。愉快で可愛らしい。

Blog2013_05050028

Blog2013_05050029

早咲きの赤い西洋石楠花の後、ピンクの躑躅の集合体のような石楠花が咲きました。

Blog2013_05050030

パンジーが一面、色々な種類です。

Blog2013_05050031

Blog2013_05050032

Blog2013_05050033

プロムナードの小中学校の花壇は、それぞれの特徴で、文字、模様を描いています。

| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

川幅日本一 御成橋往復

今日のポタは、川幅日本一地点の御成橋へと決める。

ホンダエアポートでは、ヘリや飛行機の誘惑にも負けず、一路前進。

Blog2013_05050042

比企自転車道との分岐点。

案内図を見ると、比企自転車道は、この先はまだ未整備らしい。

荒川右岸CRは、下へ下りて、県道を渡れば、吉見さくら公園。

ここからは、もうすぐ御成橋に出る。

Blog2013_05050043

Blog2013_05050044

吉見町側の表示ポール。

実際の川幅日本一地点は、上流630m遡った所らしい。

ここから、鴻巣市側に行ってみる。

なかなか橋に辿りつかない。

2キロ近く走って、やっと御成橋である。

Blog2013_05050045

Blog2013_05050046

鴻巣側は、すぐ御成橋際に立ってました。

川幅日本一(2537m)は、計画高水位での堤防間の距離を測ったものらしい。

なので、橋の長さにも当たらないし、その中には、田畑もあるので、川幅とは認識しがたい所です。

Blog2013_05050047

Blog2013_05050048

御成橋からの荒川。

ここまで遡ると、かなり細い川になって、これが荒川?って感じです。

今日は、これが目的なので、このまま来た道を戻ります。

Blog2013_05050049

Blog2013_05050050

最後に上江橋下で小休止。

今回は、あまり休まず、止まらずのポタリングでした。

Dis  71.05km           Max  38.0km/h

Tim  3h26m27s        Ave  20.7km/h

| | コメント (0)

2013年5月 4日 (土)

再びの多門院

パサール三芳へ行く途中、多門院を覗いてみる。

前に来た時咲いていなかった牡丹が咲いていた。

Blog2013_05030012

Blog2013_05030013

黄色とピンクの牡丹。

Blog2013_05030017

Blog2013_05030018

Blog2013_05030019

Blog2013_05030020

Blog2013_05030022

個体差があるのだろうが、早咲きと遅咲きがあるようだ。

最後の暗紅色の牡丹を除けば、淡い色の花が遅く咲くように思える。

Blog2013_05030021

黒っぽい建物の間で、若緑が映えて鮮やかです。

Blog2013_05030014

Blog2013_05030016

Blog2013_05030015

他にも目に付いた花を撮ってみました。

躑躅と石楠花も競演してました。

1枚目の白い花は、小手毬であろうか。

2枚目は、まだ判っていません。

| | コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

入間川CRから秋ヶ瀬桜草公園

県道126から入間川CRに入る。

今日の相棒は、FCR ZERO。

極うすのウインドブレカーが、今日の気候にはちょうど良い。

風があるので、汗もかくこともなく自転車日和である。

Blog2013_05030033

初雁橋傍の公園には、誰もいない。

Blog2013_05030034

落合橋を過ぎれば、旧CRと並行して、新しいCRが開放された。

上江橋からは、ぐっとローダーが増える。

列をなして、ぐいぐい走る。

Blog2013_05030035

ここだけ水田の中の農道がCRと共存となる。

田植えの時期になり、農機具を運ぶ車など農家の車が、多く停まっている。

Blog2013_05030036

羽根倉橋近くのCRは、竹のトンネルで気持ちがいい。

橋下を通り、秋ヶ瀬公園に入る。

公園の駐車場は、ファミリーの来園でいっぱいでした。

秋ヶ瀬橋の下から、桜草公園に入る。

Blog2013_05030039

桜草は、伸びてきたヨシや草で埋もれて見えない。

Blog2013_05030037

Blog2013_05030038

Blog2013_05030040

Blog2013_05030041

時期も過ぎていたことも有り、咲き残りの花が、点在していた。

自生地となってるから、草を取り除いたりして、桜草の生育を助けたりはしないのだろう。

秋ヶ瀬橋を渡り志木に入る。

Blog2013_05030042

志木市役所から新河岸川を跨いで、32匹の鯉のぼりが、青空の中舞っていました。

柳瀬川沿いを登り、英橋下をくぐり、R254から南永井を通り帰って来ました。

Dis  64.21km              Max  32.5km/h

Tim 3h19m36s            Ave  19.4km/h

| | コメント (0)

2013年5月 2日 (木)

加須はなさき公園・浮野の里・大利根道の駅

28日に玉敷神社の藤を見た後、加須はなさき公園に立ち寄る。

プール、変わり自転車、釣りなどもできる大きな公園です。

多くのファミリーが、各々の遊びにふけっていました。

Blog2013_04280027

きれいに刈りそろえられたメタセコイアが挟む水路には、太鼓橋が架けられています。

その橋上から、下流の太鼓橋を撮ってみました。

Blog2013_04280028

池の奥には、野鳥観察所があります。

Blog2013_04280029

池には、スワンボートが浮かんでいました。

Blog2013_04280030

夏の子供たちが、歓声を上げるプール。

反対側には、ウォータースライダーなどもありました。

Blog2013_04280031

浮野の里という湿地帯に行きました。

用水路を利用したミニ水郷と云った所で、アヤメの時期には、ボートに載ることもできるそうです。

ノウルシが花を咲き始めていました。最盛期には、黄色一面になるのでしょう。

写真は、水路のほとりで、羽化し始めた蝶々です。

Blog2013_04280032

最後に、ホテイアオイで知られる道の駅・大利根に行きました。

勿論、まだ植え付けられてもいませんでした。

写真は、サクラソウの人気投票が一角で行われていた、一部のサクラソウです。

栗橋に住む妹の案内で、弟と3人で廻った一日でした。

Blog2013_04280026

昨日アップした焼けたような藤の幹は、治療の後のようです。

今日テレビで見た樹木医 塚本このみさんたちが考え出した、炭を腐食した箇所に塗ってるようです。

ただ、知らないで観た人は、一様にびっくりします。

火事で焼かれた藤の幹のように見えますから。

それできれいな花をいっぱいに咲かせるのですから、藤の病が治癒したものですね。

| | コメント (0)

2013年5月 1日 (水)

騎西・玉敷神社の藤

騎西の玉敷神社に藤を見に行く。前に見たときより5年以上経っているから、かなり房が長くなって見応えがある。

Blog2013_04280017

ピンク色の藤は、短い花ですが、色鮮やかです。

Blog2013_04280018

Blog2013_04280019

紫の長藤は、滝のように流れてます。

Blog2013_04280020

Blog2013_04280021

Blog2013_04280022

Blog2013_04280023

この長藤は、そんなに大きい幹ではありません。

Blog2013_04280024

Blog2013_04280025

Blog2013_04280026

この藤は、色が強く出てるので、鮮やかでした。

根元は二つに分かれていて、火事に会ったようにまっ黒く焼かれてたのは、治療なのでしょうか、いたずらなのでしょうか?

異様に思えたのは、私だけでなく、通る人、殆ど気が付いてました。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »