« 権現堂周辺 | トップページ | 県道126号 »

2013年6月18日 (火)

山椒の実&映画「奇跡のリンゴ」

昨日、三芳パサールを覗きに行く。

Blog2013_06180010

Blog2013_06180011

駐車場は9割方埋まっている。

平日にもかかわらず、こんなに車が動いてるのだから、景気の上向きは本当なのだろうか?

食の駅を覗いてみる。

生の山椒の実たもぎだけつまみななど、珍しいものなど買い求める。

Blog2013_06180012

Blog2013_06180013

Blog2013_06180014

たもぎだけは、炒め物にする。

ひらたけ、しめじと似てるが、食感が強い。

つまみなは、さっと茹で上げ、冷水で締め、芥子醤油で食べる。

これも歯触りが、シャキシャキしてるのが良い。

山椒の実は、湯がいてから、佃煮にする。

実は、少し固いが、独特の香りが、食欲を楽しませてくれる。

 

今日は暑くなると云うので、大井ワーナーに行く。

R3で漕げば、25分で着く。

評判の「奇跡のリンゴ」をみる。

肥料、農薬を使用しないリンゴ栽培の苦闘の物語である。

失敗、失敗の連続で、貧乏になり、仲間からも見放されたが、妻、義父、子供たちの協力で、11年目で、やっと花が付く。

このモデルの御仁は、もうテレビ出演もしてるから、知ってはいた。

丸い顔の、歯の抜けた好々爺といった風貌の人と記憶している。

この映画にも、ちょっと本人が出ていた。演じた阿部サダヲが愚直なまでの頑張りを好演していた。

妻役の菅野美穂が、明るく芯の強い役を演じて、暗くなりがちな映画を救っていた。

何よりも、岩木山と満開のリンゴの花が美しい。

Blog2013_06180015

Blog2013_06180016

Blog2013_06180017

Blog2013_06180018

次回も見たい映画が見つかった。

蒸し暑さも忘れる別世界の入り口である。

|

« 権現堂周辺 | トップページ | 県道126号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 権現堂周辺 | トップページ | 県道126号 »