« 県道126号 | トップページ | ブルーフェステバル 菖蒲町 »

2013年6月22日 (土)

新座ポタ 平林寺

新座駅方面のポタを、坂の下から新座へ入る。

Blog2013_06220036

清柳橋の上より、柳瀬川の流れ。

坂の下の対岸は、橋の名に現れてるように、清瀬市であった。

ここから志木街道へ出た所を左折する。

Blog2013_06220037

Blog2013_06220038

しばらく行った所が、長命寺前の交差点。

府中街道と東村山に分かれる場所だ。

どうも反対方へ来たようなので戻る。

R254を越し、左方へ入れば新座駅南口だ。

Blog2013_06220039

Blog2013_06220040

Blog2013_06220041

駅前の案内板を見ると、野火止用水と平林寺への散策路があったので行くことにする。

Blog2013_06220042

駅前からは、こんな小さな用水の小道から始まる。

Blog2013_06220043

平林寺に近づくにつれて、用水も深くなる。

Blog2013_06220044

Blog2013_06220045

Blog2013_06220046

Blog2013_06220047

平林寺の雑木林に沿って、野火止用水は流れている。

野火止用水と平林寺雑木林の説明板があった。

Blog2013_06220048

野火止緑道から陣屋通りを走れば、平林寺総門がある。

この前に相棒R3を駐輪し、拝観料を払って、左の入口より入山する。

Blog2013_06220049

Blog2013_06220050

Blog2013_06220051

入って右に案内図を見て進めば山門がある。

Blog2013_06220052

Blog2013_06220053

山門をくぐれば、槇の大木、高野槇が聳えてる。

Blog2013_06220054

正面が仏殿になる。

Blog2013_06220055

廻り込んで、中門をくぐれば、本堂の威容。

Blog2013_06220056

Blog2013_06220057

本堂前庭は、槇の緑が鮮やかでした。

Blog2013_06220058

Blog2013_06220059

中門から戻って、順路に従えば放生池があります。

池の傍を歩くと緋鯉が集まってくる俗っぽさと、こんこんと水の湧きだす神秘さが同居してる池です。

Blog2013_06220060

Blog2013_06220061

Blog2013_06220062

Blog2013_06220063

Blog2013_06220064

Blog2013_06220065

順路に従って歩きます。

島原の乱で命を落とした方々を祭った墓もありました。

その中で、ぬきんでて大きな墓地は、松平信綱と、一族の墓です。

平林寺は、大河内松平家の霊廟ですので、至極当然ですね。

Blog2013_06220066

Blog2013_06220067

新緑の紅葉山など順路を辿ります。

秋の紅葉の時期は、また紅く映えるのでしょう。

野火止塚という見張り台がありました。

Blog2013_06220068

Blog2013_06220069

Blog2013_06220070

ぐるりと廻ってきて、もう総門前の広場に出ました。

武蔵野の面影を残す13万坪の境内林は、昭和43年に国指定天然記念物になりました。

ゆっくり小一時間ばかりかけて、3/4周の平林寺散策でした。

約30kmの新座ポタリングでした。

|

« 県道126号 | トップページ | ブルーフェステバル 菖蒲町 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県道126号 | トップページ | ブルーフェステバル 菖蒲町 »