« 映画「終戦のエンペラー」・アグリパーク風景 | トップページ | 人間・堀越二郎 »

2013年7月31日 (水)

映画「風立ちぬ」

二日連続で、イオンシネマにR3で走る。

映画「風立ちぬ」を見る。

零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の設計者。堀越二郎の半生を描いたものである。

堀辰雄の私小説「風立ちぬ」のストーリーを、主人公・二郎に重ねている。

二郎の飛行機設計に傾ける情熱と、菜穂子に寄せる愛情の二本立てで物語は進む。

スタジオジブリの作品は、関東大震災や、世界大戦のさなかでも、陰湿にならず爽やかである。

暗い時代の中での仕事、恋愛を明るく描けるのは、宮崎駿監督のポリシーなのだろう。

ともかく映像が綺麗だし、悪人が出てこないし、夢追い人を応援する映画です。

イタリアの航空機設計技師カプローニとの夢の中での出会いを、二郎の夢への推進力となっている。

二郎や菜穂子は上流階級のひとなので、生活苦などないのが、真っ直ぐな人間になっているのもいい。

菜穂子は、結局、結核で亡くなってしまうのだが、それでも死よりも愛を前面に出してるので、観終わった感が爽やかなままである。

Blog2013_07310003

Blog2013_07310004

|

« 映画「終戦のエンペラー」・アグリパーク風景 | トップページ | 人間・堀越二郎 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「終戦のエンペラー」・アグリパーク風景 | トップページ | 人間・堀越二郎 »