« 夏の甲子園 | トップページ | 芙蓉の花 »

2013年8月24日 (土)

イオンシネマ「少年H」をみる

昨日まで9時20分初回上映時間が、11時45分に変わっていた。

2時間以上の待ち時間をつぶすのに、近辺をぶらぶらする。

Blog2013_08230009

Blog2013_08230010

Blog2013_08230011

Blog2013_08230012

イオン横の東久保中央公園に行って、暫らく過ごす。

一輪車の練習する幼女、ボール遊びする中学生、鬼にタッチされないように、逃げ回る高校生のグループ等をぼんやりと視界に入れて、時の過ぎるのを待つ。

でも2時間も過ごすのは無理なので、周辺をR3でゆっくり巡る。

上福岡商店街の方など廻るも、特に注目するものもない。

 

イオンシネマに戻り、「少年H」をみる。

場所は、戦争直前の神戸から始まる。

洋服仕立業を営む家族が戦争に巻き込まれ、様々な試練を乗り越え、家族愛、人間愛を貫く人間ドラマ、反戦映画である。

東京の空襲シーンなどでは、かなりのリアリティがあり、迫力のある映像でした。

こういった映画を見るにつけ、庶民に襲いかかる間違った一体感、国の政策、軍部の方針には逆らえない現実があるのが、悔しくも痛々しくも有ります。

どんな事情にしろ、戦争することは避けなければと思わずには居られません。

 

帰り道、三芳の里いも畑に異変がありました。

Blog2013_08230013

Blog2013_08230014

このところの猛暑と降雨がないからでしょう、サトイモの葉が枯れていました。

人は熱中症に、作物は枯葉状態になってしまう、今夏の暑さです。

Blog2013_08230015

Blog2013_08230016

多門院の広場では、盆踊りの準備がされています。

ひところの猛暑は、峠を越して、朝夕は少し涼しさも感じられます。

盆踊りを境にして、気候は秋に移行してくれればと思う。

|

« 夏の甲子園 | トップページ | 芙蓉の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の甲子園 | トップページ | 芙蓉の花 »