« 百日紅・向日葵など | トップページ | イオンシネマ「少年H」をみる »

2013年8月22日 (木)

夏の甲子園

最近は、早朝5時にR3で公園に行き、6kmのインターバル速歩をして、6kmの自転車走の生活でした。

なので、夏の高校野球を、じっくりテレビ観戦です。

我が故郷、山形代表の日大山形が、あれよあれよと勝ち進み、なんとベスト4になりました。

惜しくも昨日、前橋育英に4対1で敗れましたが、嬉しい快挙でした。

日大三高、作新学園、明徳義塾と強豪校に、快勝、接戦勝ちと、堂々と戦う姿は、信じられないくらいのことです。

古くは、清原、桑田のPL学園に、29対7で敗れた記憶と、初戦突破がなかなか出来ず、弱い山形代表となっていました。

東北6県でも、山形代表の弱さばかりが際立っていたのですから。

今年の甲子園は、近畿、四国など常勝軍団が、早くから姿を消し、何処が優勝しても初優勝という新鮮なベスト4になりました。

それに、東北勢が2校も残っていたのは、信じられない展開でした。

今日の決勝で、前橋育英が延岡高を4対3で押さえ、初出場で初優勝となったのですが。

準々決勝の4試合は、いずれも1点差の手に汗を握る好試合の連続なのも素晴らしい。

昔は、西高東低の力分布がはっきりしてましたが、もう、そんな図式はなくなり、何処が勝ち進んでも不思議のない時代になりました。

これは異常気象や大地震の天変地異とは関係なく、努力の賜と、臆することがない少年たちの気質の変化なのでしょうか。

|

« 百日紅・向日葵など | トップページ | イオンシネマ「少年H」をみる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百日紅・向日葵など | トップページ | イオンシネマ「少年H」をみる »