« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月29日 (金)

ピラカンサス~南天~皇帝ダリア

12月上旬の風邪が、なかなか治りきらない。

持病のコレステロールの診療の序に、痰を抑える薬と、のどの炎症をやわらげる薬を処方してもらう。

なので、どうしても外出することが減ってしまっている。

Blog2013_11280009

Blog2013_11280010

Blog2013_11280011

26日、弟宅隣の空き地で、ピラカンサスが沢山の実を付けていました。

下は、弟宅の狭い玄関わきで、南天の実が赤く色づいてました。

Blog2013_11280012

Blog2013_11280013

Blog2013_11280015

Blog2013_11280014

28日に撮った、近所ニュータウンの民家の庭で、高く聳える皇帝ダリア。

根元茎は、まるで孟宗竹の体をしてますね。

早朝は、寒さが増してきましたが、日中は陽が差せば暖かさも感じます。

早く快調になって、自転車R3で走りまわりたいものです。

| | コメント (0)

2013年11月24日 (日)

映画「清須会議」

三谷幸喜作、監督の「清須会議」を観る。

2013_11230018

織田信長が本能寺の変で亡くなった後の、織田家の跡目問題を取り扱った映画である。

羽柴秀吉と柴田勝家が、其々跡目を立てて話し合う模様が描かれている。

これが清須城で行われたから、清州会議といわれる。

織田家四天王の4人で話し合われるのだが、駆け引き、人物描写が面白い。

それに信長の妹、お市の方が絡んで、勝家側に与するのだが、結局、秀吉の推す三法師(信忠の子)になり、後見役信孝(信長の弟)が就く。

それまでの過程が、現代の政権交代、政治の駆け引きにも通じて面白い。

歴史を変えた会議と言われてるが、結局、織田家は後に秀吉に滅ぼされ、勝家、お市の方は自害することになる。

武骨で忠義な勝家より、人心掌握に長けた秀吉が制することになる。

本能寺の変は、序盤でちょこっと描かれ、清須会議の後は、ナレーションで知らされ、殆どが清州須城だけでの、人間模様、人間関係をコミカルに描いた映画でした。

三谷幸喜は、悲壮感にとらわれることなく、違った角度から歴史を捉えてることが面白い。

本来は悲しく痛ましい史実なのだが、三谷作品は、さらりと皮肉を込めて流していた。

| | コメント (0)

2013年11月23日 (土)

航空公園の紅葉 

航空公園へ紅葉を見に行く。

2013_11230010

梅園傍のモミジが真っ赤に映えています。

2013_11230011

子供広場のクヌギは黄色の葉が綺麗です。

2013_11230012

南駐車場のトウカエデは、柔らかいグラデーションの紅葉が優しい。

2013_11230013

2013_11230014

健康器具広場の銀杏も真っ黄色で、下は厚く葉っぱの絨毯が敷かれている。

2013_11230015

池の東畔のドウダンツツジが、濃いアクセントになってます。

2013_11230016

東口側の雑木林は、アカシデなどがオレンジ色に染まっています。

2013_11230017

図書館横のハゼノキが深紅に紅葉してました。

紅葉前線は、足早に来て、去って行きそうな季節の移ろいです。

| | コメント (0)

2013年11月22日 (金)

天覧山 彩の森公園ポプラ

能仁寺の裏山、天覧山に登って見る。

15分もあれば登頂できる。

2013_11210033

左は参道、右は天覧山への道となる。

2013_11210051

2013_11210052

16羅漢の並ぶ岩道から登る。

ほんの短いけど、岩場を感じながら登る。

2013_11210053

2013_11210054

2013_11210055

山頂は、狭いながらも整備されている。

休憩したり、昼食を摂るなど思い思いである。

2013_11210056

山頂からの飯能市街地。奥多摩山地、丹沢山地、遠くは富士山も見える。

2013_11210057

2013_11210058

帰り道双柳地区、R299際で咲いてた皇帝ダリア。

小谷田を過ぎて左折して、彩の森公園へ向かいました。

2013_11210059

2013_11210060

2013_11210062

2013_11210061

ポプラの黄葉を見たかったからです。

前に北海道大学のポプラの黄葉を、テレビか写真で見て、一度見てみたかった。

背高のっぽのポプラは、陽の光を受けて黄金色でした。

落ちている葉を集めて撮ってみました。

ポプラの葉を、間近で見たのは初めてなので嬉しいですね。

| | コメント (0)

2013年11月21日 (木)

飯能 能仁寺

紅葉を見に飯能能仁寺へR3で走る。

463バイパスを、真っ直ぐ走ると秩父へと繋ぐR299になる。

聖望学園高を過ぎた所で、左折すれば、直に能仁寺に行き着く。

2013_11210032

能仁寺の参道です。

紅葉は盛りを過ぎていました。

2013_11210034

2013_11210035

参道入り口の右と左の紅葉。

2013_11210036

2013_11210037

正門参道にある一本の楓は、陽の光で深紅に燃えていました。

2013_11210038

2013_11210039

2013_11210040

2013_11210041

境内の紅葉です。

2013_11210042

2013_11210043

本堂と中雀門のたたずまい。

2013_11210045

2013_11210046

2013_11210047

山門と脇を守る阿吽の金剛力士像。

2013_11210044

2013_11210048

2013_11210049

灯篭と真っ赤に浮かぶ紅葉。

これが一番に目を惹く紅葉でした。

2013_11210050

脇参道を寺の方から見ると、こんな風でした。

来るのが一週間遅かったようです。

ベランダから見える紅葉と比較すると、所沢より一週間ほど早いようです。

| | コメント (0)

2013年11月16日 (土)

所沢グルメ王座決定戦

航空公園で、所沢グルメ王座決定戦が行われてるので行ってみる。

Blog2013_11160026

Blog2013_11160014

Blog2013_11160015

Blog2013_11160016

20店舗が参加して、食べてもらって、投票してグルメ王を決める。

単品物が100円、汁者類などが300円の値段設定です。

11時半近くから、短い列に並んだが、それでもゲットするまでに、30分かかった。

自分が並んだのは、里芋だんご(2個盛りで100円)。

Blog2013_11160017

200円分の里芋だんご。最初は1本分買って、他の所へ並ぼうと思っていたが、待ちが長いので諦めて、2本分にした。

あまり美味しいとは言えない。なので投票はしない。

輪切りにした芋を煮て、更に売る時に焼いて、味噌をのっけたもの。

人気のあるうどん類は、早くも売り切れになっていた。

もう並ぶ気もしないので、ステージの方に行く。

Blog2013_11160018

Blog2013_11160019

ステージでは、トコロン(所沢のマスコット)のクイズをしていた。

初めて実物を見たが、頭がデカ過ぎるが、印象は可愛い。

Blog2013_11160020

Blog2013_11160021

池の周りの黄葉した秋景色。

Blog2013_11160022

Blog2013_11160023

ユリノキの紅葉が見事になっていた。

Blog2013_11160024

Blog2013_11160025

銀杏の紅葉も始まっていました。

何でも個体差ってあるんですね。

まだ緑の葉のままの銀杏もあったりして。

| | コメント (0)

2013年11月13日 (水)

柴山沼

日曜日に予定していたネーブルパークでの芋煮会を、天気予報が思わしくないので取りやめになり、風邪で喉をやられてしまい、火曜日に直に加須の眼科医に行くことになった。

遠いので早目に家を出るので、どうしても早く着き過ぎるようになる。

なので、途中、白岡の柴山沼に寄り道する。

Blog2013_11120011

Blog2013_11120012

木枯らしの吹くの間の真ん中でコハクチョウ(?)が、ガーガーと鳴きながら泳いでいた。

沼は丸太杭と粗朶で護岸されてるようだ。

コンクリートや石積みの護岸よりは、生物と植物に良いのだろう。

Blog2013_11120013

Blog2013_11120014

Blog2013_11120015

Blog2013_11120018

沼の北端は、木製デッキが拵えられている。

只、本日は寒過ぎて、風景を楽しんでる日ではない。

Blog2013_11120016

Blog2013_11120017

その南端には、土地改良事業が農水省の補助事業を示す看板が残っていた。

また三つ並んで土地改良事業に関する碑が建てられていたが、その一つ解散記念碑です。

Blog2013_11120019

Blog2013_11120020

北端方に行ってみると、渡り廊下が廻らされていた。

こんな寒い日でも、釣り好きの人が多く、自分で造った釣り台の上から糸を垂らしていた。

ただ護岸が、釣りの為のプラスチックパレットで占有されてたのは残念に思う。

| | コメント (0)

2013年11月12日 (火)

柴山沼

土曜日の朝から喉の調子が悪い。

風邪の所為か、痰が絡んで、咳がひどい。日曜日に予定していた、芋煮会も天候が思わしくないので中止になる。

山形からリンゴが送られてきたこともあるし、かなり今日は良くなっているので、まっすぐ加須の眼科医に行く。

遠いから、早目に家を出るので、どうしても早く着き過ぎる。

なので今日も柴山沼へ寄る。

Blog2013_11120011

Blog2013_11120012

真ん中辺に、コハクチョウ(?)が泳いでいた。

護岸は、丸太と粗朶木で、浸食と崩れを防いでいる。

コンクリート護岸と比べて、より生物に優しい造りなのだろう。

Blog2013_11120014_2

Blog2013_11120013

南端には木製デッキがあり、休息するも良い。

もっとも、今日は寒気団が下がってきて、今年一番の冷え込みだが。

Blog2013_11120015

Blog2013_11120018

沼の南端には、釣りは有料との看板があるが、季節があるのだろうか。

釣り人は、沢山いたが、みんな無料でやってるようだ。

Blog2013_11120016

Blog2013_11120017

南端には、土地改良区の記念碑が3体建てられていた。

工事の名残の農水省の補助事業の看板もそのまま残っている。

Blog2013_11120019

Blog2013_11120020

北端の方には、木犀回廊が渡されている。

外を散歩する格好ではないので、寒さが身に応える。

風邪を悪化させてもと思い、そうそうに切り上げ、眼科医に向かう。

診療を終えて、幸手の弟宅へ寄り、届いている物を頂戴してくる。

| | コメント (0)

2013年11月 7日 (木)

多福寺

過日に行った三芳多福寺の記事。

Blog2013_11030035

多福寺斎場の佇まい。

Blog2013_11030036

此処、多福寺は三富開拓民の供養寺です。

Blog2013_11030040

Blog2013_11030039

脇参道は武蔵野雑木林の静寂の雰囲気があります。

Blog2013_11030037

多福寺本堂前は、庭園が手入れされて良い感じです。

Blog2013_11030038

本堂横に廻ると、穀物倉がありました。

前にアップした中富小の穀物倉と同時代(江戸)のもので、上安松にもあると示されてました。

Blog2013_11030042

Blog2013_11030041

多福寺前にある木ノ宮地蔵堂は、立派な造りです。

材料、彫刻など見るべく物があります。

| | コメント (0)

2013年11月 6日 (水)

多門院

過日、多門院へ行った時の写真です。

Blog2013_11030026

2色のポストがあります。

勿論、正規の使い方ではありません。

Blog2013_11030027

Blog2013_11030028

紅葉が始まり、柿の実が色づいてきました。

Blog2013_11030029

Blog2013_11030030

笠地蔵さんが5体と、ほっかむり地蔵さんが整列してました。

Blog2013_11030031

Blog2013_11030033

Blog2013_11030032

UFOピーマンとハナナスが、秋を演出してます。

Blog2013_11030034

かなり大きな山茶花の花に、蝶がとまっていました。

これから蜜を吸うのでしょうか?

| | コメント (0)

2013年11月 5日 (火)

幸魂(さきたま)大橋~彩湖

ESCAPE R3で荒川方面へ走る。

坂の下を抜けて、柳瀬川に出る。

Blog2013_11050023

志木大橋より下流方を見る。

志木市役所前より遊歩道へ入る。

Blog2013_11050024

R254バイパスの延伸工事は、まだ進んでいない。

50mくらいの道路が寸断された形で、此処だけ出来ている。

左前方に新しく開店したヤオコー下宗岡店が見える。

Blog2013_11050026

Blog2013_11050027

すぐ傍に水資源機構の取水場があった。

Blog2013_11050025

新宮戸橋からの新河岸川下流方を見る。

Blog2013_11050028

内間木橋から見た朝霞水門。

Blog2013_11050029

内間木橋から見た新河岸川上流方。

遠くの橋が朝霞大橋でR254バイパスなのだろう。

Blog2013_11050030

Blog2013_11050031

Blog2013_11050032

幸魂大橋を登り始めると、下に見えるのは新河岸処理場。

処理された水は、新河岸川に放流されます。

Blog2013_11050033

Blog2013_11050034

幸魂大橋下の新河岸川の流れ。

下は荒川サイクリング道路と荒川の流れ。

遠くに朝霞水門が見えます。

Blog2013_11050035

幸魂大橋の風景。中央部は東京外環道です。

Blog2013_11050036

橋下には、戸田パブリックコースのゴルフ場が広がってます。

Blog2013_11050037

Blog2013_11050038

橋下は彩湖になりました。彩湖中央には管理橋があり、誰でも通行できます。

Blog2013_11050039

Blog2013_11050041

Blog2013_11050040

幸魂大橋中央のワイヤーの太さが頼もしい。

R3号も中央で記念撮影。

Blog2013_11050042

彩湖へ下りる道を下っていきます。

Blog2013_11050043

幸魂大橋の真下に来ました。

Blog2013_11050044

中央の管理橋からの彩湖の眺めです。

彩湖公園の中の道から秋ヶ瀬橋に上って渡り、土手上のCRを走り、羽根倉橋に出ました。

R254バイパスから鶴瀬駅横、藤久保から中富に出て帰ってきた、約45kmのポタでした。

| | コメント (0)

2013年11月 4日 (月)

田中将大の楽天

今年の日本シリーズ

楽天対巨人戦は良かった。

こんな緊迫した試合が、7戦も見られるとは思わなかった。

公式戦24連勝の、田中将大のパワーと想いがナイン全員に乗り移ったようだ。

ピッチャーでは、田中と則本が気迫を前面に出し、ナインにいい影響を与えたように思う。

第3,7戦無失点の美馬と第5戦先発無失点の辛島にも刺激となって、いい投球をした。

それにチーム全員の結束力、チームワークが巨人と比べると勝っていた。

打線にも、それが現れていて、積極性、気迫が、巨人とは比べようもなかった。

もう第6戦で田中先発で決まると思ったが、あにはからんや、今年初めての敗戦投手。

4失点に押さえていたが、打線が振るわず完投敗戦となった。

勝負あった感じで、田中の途中降板も有りなのだが、160球の完投をした。

これで五分五分、どちらが勝っても、という第7戦になった。

結果、美馬、則本が0点に8回を抑えて、9回は田中登板。

前日、160球の投球をしたピッチャーが投げるとは、誰も思わなかったろう。

それに則本が完全に押さえていたので、そのまま行くのが普通のこと。

田中本人の直訴で、星野監督も了承したと云う。

好投していた則本も、ほかのピッチャーも、チームメートも、それを心から認めることが出来たのだろう。

下世話に言えば、一番おいしい所を田中にと、やっかみたくもなる。

だけど今年の楽天は、田中将大なしでは、優勝はなかったのである。

そのことは、ナインみんなが周知していたのだ。

 

田中を迎えた9回は、すごかった。

スタンド全体の田中コールが地鳴りのように響いた。

野球解説の古田氏、工藤氏も声を殺して、試合に呑み込まれていたように無言だ。

きっちり3人で押さえることは出来ず、ワンヒット、ワンエラーで二人のランナーを背負い、最後はボール気味のパームボールで三振をとり、日本一に輝いた。

11年の大震災復興さなかの東北地方、そこを本拠地とする楽天。

被災地東北と楽天、お互いが共鳴しあって、お互いを励まし、応援する想いが力となったようだ。

巨人は、東北という巨大な力にも対抗しなければならなかった。

その差が、4対3で楽天の日本一になったのであろう。

来季は、田中将大はメジャー行きとの話もある。

ともあれ、今年は、田中将大、マー君につきた1年だった。

最後に、野村監督の言葉、マー君、神の子、不思議な子

この言葉を越える大投手になって欲しいものである。

| | コメント (0)

2013年11月 3日 (日)

紅葉&寄り道の駅

R3で近辺の紅葉を探す。

まだ10日くらい早い感じだ。

Blog2013_11030023

公園南入り口の紅葉は、こんな感じ。

Blog2013_11030024

Blog2013_11030025

中新井富士見公園の紅葉は色づき始めました。

Blog2013_11030043

Blog2013_11030044

知人から前から聞いていた、寄り道の駅を捜しあてました。

下富交差点傍にあるミニ道の駅でした。

ここは何の店だったのかな、古道具屋さん?

いや違うかな?

新築のもっと大きな店を想像してたから、なかなか判らなかった。

1Fで地元野菜、地元製造の食品など販売。

2Fは喫茶部門と肉汁うどんを提供しているようです。

駐車場は10台ほどのスペースがありました。

ただ店内は、かなり狭い。

その中で、野菜、菓子、コンニャク、豆腐、うどん、焼き団子など扱ってました。

スタッフが5,6名ほど接客してます。、高年者が結構入っていました。

自分は1Fだけ

覗いてみましたが、直ぐ出てきました。

| | コメント (0)

2013年11月 1日 (金)

湯楽の里

散髪に湯楽の里併設の髪剪處へ行く。

Blog2013_10300024

Blog2013_10300025

入り口すぐ左の蔵が髪剪處となっている。

Blog2013_10300026

湯楽の里横も風情がある。

Blog2013_10300027

Blog2013_10300028

Blog2013_10300029

Blog2013_10300030

Blog2013_10300031_2

Blog2013_10300032

帰り道、農家のには先では、夏の名残の花たちが、旺盛に咲いていた。

ダリア、ケイトウの赤が、季節を逆回しにしているようだ。

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »