« 紅葉&寄り道の駅 | トップページ | 幸魂(さきたま)大橋~彩湖 »

2013年11月 4日 (月)

田中将大の楽天

今年の日本シリーズ

楽天対巨人戦は良かった。

こんな緊迫した試合が、7戦も見られるとは思わなかった。

公式戦24連勝の、田中将大のパワーと想いがナイン全員に乗り移ったようだ。

ピッチャーでは、田中と則本が気迫を前面に出し、ナインにいい影響を与えたように思う。

第3,7戦無失点の美馬と第5戦先発無失点の辛島にも刺激となって、いい投球をした。

それにチーム全員の結束力、チームワークが巨人と比べると勝っていた。

打線にも、それが現れていて、積極性、気迫が、巨人とは比べようもなかった。

もう第6戦で田中先発で決まると思ったが、あにはからんや、今年初めての敗戦投手。

4失点に押さえていたが、打線が振るわず完投敗戦となった。

勝負あった感じで、田中の途中降板も有りなのだが、160球の完投をした。

これで五分五分、どちらが勝っても、という第7戦になった。

結果、美馬、則本が0点に8回を抑えて、9回は田中登板。

前日、160球の投球をしたピッチャーが投げるとは、誰も思わなかったろう。

それに則本が完全に押さえていたので、そのまま行くのが普通のこと。

田中本人の直訴で、星野監督も了承したと云う。

好投していた則本も、ほかのピッチャーも、チームメートも、それを心から認めることが出来たのだろう。

下世話に言えば、一番おいしい所を田中にと、やっかみたくもなる。

だけど今年の楽天は、田中将大なしでは、優勝はなかったのである。

そのことは、ナインみんなが周知していたのだ。

 

田中を迎えた9回は、すごかった。

スタンド全体の田中コールが地鳴りのように響いた。

野球解説の古田氏、工藤氏も声を殺して、試合に呑み込まれていたように無言だ。

きっちり3人で押さえることは出来ず、ワンヒット、ワンエラーで二人のランナーを背負い、最後はボール気味のパームボールで三振をとり、日本一に輝いた。

11年の大震災復興さなかの東北地方、そこを本拠地とする楽天。

被災地東北と楽天、お互いが共鳴しあって、お互いを励まし、応援する想いが力となったようだ。

巨人は、東北という巨大な力にも対抗しなければならなかった。

その差が、4対3で楽天の日本一になったのであろう。

来季は、田中将大はメジャー行きとの話もある。

ともあれ、今年は、田中将大、マー君につきた1年だった。

最後に、野村監督の言葉、マー君、神の子、不思議な子

この言葉を越える大投手になって欲しいものである。

|

« 紅葉&寄り道の駅 | トップページ | 幸魂(さきたま)大橋~彩湖 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉&寄り道の駅 | トップページ | 幸魂(さきたま)大橋~彩湖 »