« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月26日 (木)

大雨・降雹被害&宇佐美GS

この2年前頃からの、所謂、異常気象がますます顕著になってきた。

一昨日の三鷹市、調布市の雹の被害は、至る所に出ている。

農作物、果樹、屋根、看板などに当たって、被害を出している。

それにもまして、驚いたのは、降った雹の多さだ。

三鷹市の一部地域では、まるで雪国のような光景だった。

その日のうちだけでは片付かず、明くる日に重機が出動して、ダンプに積んで捨てていた。

それに大雨が降ったから、立ち往生したトラックは、半分ほどまで水に浸かり、雹が浮いていたものだから、まるで流氷に閉じ込められてるような映像でした。

 
 
そしたら昨日は、和光市、朝霞市が大雨に見回れ、和光市駅のアンダーパスでは、3台の乗用車が、水の中に沈んだ。

一番深い所の車は、完全に水没して、レスキュー隊が、もう少し遅かったら、運転者は命を落としていただろう。

地上温度と上部の寒気の温度差が高ければ高いほど、上昇気流が起きて大雨を降らすらしい。

従来の雷雲とは、比較にならないほど厚い雨雲から降る雨は、大雨警報が出る規模の降水量となる。

昔からバケツをひっくり返したような降り方と形容されてきたが、最近の降り方は、ドラム缶を引っくり返したようなと形容しても違和感がないほどだ。

被害を被らないためには、雷が遠くで鳴っていても、その時速は20km〜30kmの速度で、近づいてくるらしい。

雷が鳴って、雨が降り出したなら、絶対にアンダーパスは通行しないと肝に銘ずるべきだろう。

実際には、なかなか難しい事だとは思うが、難から逃れるには、これくらい慎重にならなければ。

最低でも、アンダーパスの先が渋滞してたら、絶対に入っては行かないことだ。

もう日本は。かっての穏やかな四季の国ではなくなってきてるのだ。

激しいスコールの亜熱帯気候になったことを、各自が自覚して対処しなければならない。

 
Img_0318


Img_0317

下富にガソリンスタンド大手の 宇佐美が、進出してきた。

所沢地区には一軒もなかったから、この時期にと驚いてるのですが、利用客としては歓迎する。

撤退したGSを買い取っての、店舗拡大はが常態化しているのだが、なんと新規開店の工事がなされている。

トラック用給油機が2機、乗用車用が4機の大きなスタンドです。

ただトラック給油はフルサービスなのだが、乗用車はセルフサービス方式になる。

宇佐美はフルサービスを基本としてきて、セルフ方式の業界の中では特異な会社運営をしていた。

自分はフルサービスだから、宇佐美利用者なのだが、時流なのだろう、仕方ないことではある。

ただ、電気自動車、ハイブリット車、近未来的には水素燃料車になるのに、化石燃料のスタンド建設が将来的に大丈夫なのだろうか?

大手の販売会社だから、市場調査と採算は計算済みのことなんだろうけど。


| | コメント (0)

2014年6月25日 (水)

西埼玉協同病院

2ヶ月ぶりの眼科検診です。

加須から所沢に代えたので、眼科検診が忘れた頃にやってくる如く、うんと楽になりました。

2週間ごとの通院から、2ヶ月ごとの通院になった訳ですから。

それに家から5分の場所にあるのですから。

ぶどう膜炎になってた左目も、レザーの傷跡もきれいになっているとのことです。

ただ、炎症を抑える点眼薬は、副作用もない薬なので、用心のため続けた方が良いとのこと。

加須の眼科医の処方した点眼薬は、確かステロイド剤が入っていた筈、今回は入ってないので安心です。

前の眼科医院は、患者を繋ぎ止めておくために、治っているのに、このまま様子見で継続していたんですね。

それに診察も、こっちの方が丁寧です。

必ず、瞳孔を開く目薬を差してから、360度に目玉を動かして、詳しく診てるようです。

個人の診療医と病院の違いは、そういった経営の問題もあるのでしょう。

ともあれ、今回は眼科診療を代えてみて、良かったことが多い。

Img_0316

右奥に見えるのが、西埼玉協同病院。

畑の中に、新しく道路が造られたので、県道を走らずに済むようになった。


Img_0313


Img_0314

病院と病院、薬局前の道路。

奥が1枚目の写真の場所になります。


Img_0315

病院手前の市民武道館の紫陽花が、まだ見れる開花状況でした。


| | コメント (0)

2014年6月21日 (土)

権現堂の紫陽花&さくらんぼ

幸手へ行く用事が出来たので、朝早くでる。

土曜の早朝なので、走る車も少なく、1時間10分ほどで着く。

弟の家で、洗車や朝食を済ました後、権現堂へ行く。

Img_0117


Img_0124

久しぶりの権現堂です。

加須の眼科医に行かなくなったのと、今期、役員で用事が増えたりしての理由です。

正に権現堂は紫陽花まつりのど真ん中でした。

平日にも関わらず、多くの人が訪れていました。


Img_0113


Img_0115


Img_0116

最初は駐車場に面した、アナベルのモコモコ布団です。

少し早い感じで、固さはありますが、十分にアナベルの雰囲気は伝わります。


Img_0112


Img_0118


Img_0119

青とピンクの紫陽花群。
静寂さが広がっています。


Img_0120


Img_0121

柏葉紫陽花の変形群。

どっしり重そうなのと、ふわふわ軽そうなもの。


Img_0122


Img_0123

額紫陽花の変化した花。

この萼のブルーが、えも言われぬ鮮やかさです。

いろんな色と種類の紫陽花が、咲き競っていました。

今年は、早く咲く花と、遅く咲く花が、一緒に花開いたようで、とても満足です。

Img_0125

山形から送られてきた、さくらんぼを栗橋の妹宅へ行き、貰ってきました。

今年の、佐藤錦は粒が大きいようです。

味は、甘味、酸味とも十分主張して、濃い味に感じました。


| | コメント (0)

2014年6月19日 (木)

彩翔亭の紫陽花など

彩翔亭に紫陽花を見に行く。

ちょうど真っ盛りでした。

Img_0094


Img_0095


Img_0096

紫陽花の花は、ブルーが基調なので、落ち着きと静けさを感じます。


Img_0097


Img_0098


Img_0099


Img_0100


Img_0101

紫陽花の庭は、涼しげで静まり返っています。


Img_0102


Img_0104


Img_0106

女性のマスカラのような未央柳も、大分散ってきましたが、まだ綺麗さが残っていました。


Img_0109


Img_0111

墨田の花火系統と額紫陽花系統をアップで撮ってみました。


| | コメント (0)

2014年6月16日 (月)

映画「春を背負って」&柳瀬川

山歩きをしてたこともあって、山岳を舞台にした、映画やドラマも大好きです。

前作「剱岳 点の記」に続いての、映像カメラマン木村大作監督作品です。

流石のカメラワークで雄大な山岳風景を撮り込みます。

舞台は立山連峰、山小屋に関わる人々の暖かくも美しい、人間讃歌が大自然の過酷な中で、描かれてます。

主人公演じる松山ケンイチはじめ、蒼井優、檀ふみ、豊川悦司、父親役の小林薫など、いかにも良い人たちが、立山にとけ込んでいました。

険しい岩場での歩荷や、遭難者を背負って登りあげたりする場面は、リアリティーに溢れてました。

雪庇を踏み抜き落ちた遭難者を、身を挺して救助するシーンも迫力ある映像です。

世の中、こんなにいい人ばかりではないのが現実ですが、悪い人のでない映画は、救われますし、精神が満足するようです。

Img_0310

このミックス施設の4階がシネプレックス新座になります。

映画の後、柳瀬川遊歩道を、ちょこっとポタしました。


Img_0306


Img_0307


Img_0308

水門の所で、河傍まで降りられたので、地下までの柳瀬川の流れです。

この水門のスクリーン、グレーチングの上で撮ったものです。


Img_0309

柳瀬川遊歩道のR3と、対岸の新座工業団地。

ゆっくり、ゆったり約20kmのポタでした。


| | コメント (0)

2014年6月15日 (日)

北山公園・花菖蒲(3)

今回も北山公園の花菖蒲です。

Img_0085


Img_0086


Img_0087


Img_0088


Img_0089

花弁が八重になってたり、ふんわりと縮みの雰囲気の花もあります。


Img_0090


Img_0091


Img_0092

黄色い花菖蒲は、愛知の輝き、陸奥黄金、緑葉黄金などが集合してます。


Img_0093

今日は、天気にも恵まれ、花菖蒲苑は、最高の人出になってることでしょう。

今が見頃、撮り頃、暑い日ですが、初夏の花に和みましょう。


| | コメント (0)

2014年6月14日 (土)

北山公園・花菖蒲(2)

北山公園の続きです。

Img_0076


Img_0077


Img_0078

色んな花菖蒲があるものです。

勿論、園芸種として新しく作られたものですから、年々、新顔が生まれてるのでしょう。

公園の縁にある、紫陽花も彩りを添えていました。


Img_0079

Img_0080


Img_0081


Img_0082

この菖蒲苑には、所々に丸池を配してるのが、より花をひきたたせてるようです。

空と水と花のシンフォニーが始まります。


Img_0083


Img_0084

この季節だけ設置される展望台からの、東屋方を俯瞰してみました。

見せ方、植え方も変化をつけて展示されている。


| | コメント (0)

2014年6月13日 (金)

北山公園の花菖蒲

東村山市の北山公園へ行ってみる。

荒畑廻りで家から9km弱の距離です。

出店もたくさん出てて、花菖蒲も真っ盛りでした。

明日、明後日が最高の人出になることでしょう。

Img_0067

入り口近くには、黄色の花菖蒲群。

愛知の輝、陸奥黄金、緑葉黄金などの種類がありました。


Img_0068


Img_0069


Img_0070

花の名前も所々に付いてますが、200種くらいあるそうなので、とても整理が付きませんので割愛です。


Img_0071


Img_0072


Img_0073

梅雨の間の晴れ日に、多くの人が集まってきて賑やかです。


Img_0074


Img_0075

ここは東屋があったり、お休み所も多く設置しているので、高齢者でも、休みながら、涼みながら花に近づくことが出来ます。

今日は、小学生の低学年の児童たちが、先生の引率のもと、たくさん来ていました。

柵に寄り掛かったのでしょう、柵が倒れて菖蒲田に落ちてしまうハプニングがありました。

濡れただけで、大事にはならなかったようで、そのまま続行してたようです。

帰りは、諏訪町から久米に出てきましたが、久米で突然の雨に見舞われてしまいました。

今まで晴れていたのが、ほんとに突然降るんですね。

最近の気象は、雨雲が急に発達するのを、間近に感じました。

15分ばかり雨の中を走り、通信基地周回路に付く頃には、止みましたけど。

本日の相棒は、ESCAPE R3で約20kmのポタリングでした。


| | コメント (0)

2014年6月10日 (火)

林隆三さん死去

俳優の林隆三さんの死去のニュースが突然流れた。

4日に腎不全で病院で亡くなったという。

享年70歳は、いかにも早いし、最近まで元気でライブをやってたようで、仲間も寝耳に水だったようだ。

葬儀も近親者のみで終えてからの発表だった。

個人の意思だったようです。

最近は、有名人でも近親者のみででの葬儀を、しばしば耳にする。

功なり名を挙げて、経済的にも、社会的にも十分な方でさえ、死にゆく際は、謙虚である。

ましてや、何もない自分においておやである。

50歳、60歳、70歳の10年区切りの年で、亡くなられる方が多いように思う。

それと第一線で活躍してる人は、突然召されたり、若くして病に倒れ召されていく。

もう十分活躍したから、天国から誘いがあるのだろうか?

自分のように、何の役にも立ってない人は、もっと頑張って、時には良いことの一つでもやれと生かされてるのだろうか?

自分の住んでる団地に入居して32年目になった。

昭和57年に37歳で入居したのだから、もう69歳の老人になってしまった。

そんなわが団地には、75歳以上の高齢者が、100人超になっているらしい。

なので敬老会を開いて、もてなすことも経済的に苦しくなり、記念品の贈呈だけになるようです。

日本がどんどん高齢化している縮図が、我が団地にも如実に表れています。

自分の住んでる3軒隣りのご主人を、暫く見かけていない。

今日、たまたま奥さんと一緒のエレベターになったから、聞いてみると、2011年に心筋梗塞で亡くなったとのこと。

1階の掲示板でも知らせなかったので、わからなかった。

家族だけで、荼毘にふしたらしい。

こんなふうに、人に知られることなく、静かに昇華してしまうのも現代なのであろう。

| | コメント (0)

2014年6月 9日 (月)

紫陽花・夏椿

雨が上がってる間を見て、近所を散策。

梅雨時の花、紫陽花が咲き出しました。

Img_0058


Img_0059


Img_0060

柏葉紫陽花の白く膨よかな佇まいが好ましい。


Img_0061


Img_0062

夏椿の白い花は、清楚に感じます。

大きく開く個体と、そうでもない個体と2種あるようです。


Img_0063


Img_0064

今の季節は、紫陽花一色になり、違う場所でも撮ります。


Img_0065


Img_0066

また別の場所での柏葉紫陽花。

梅雨入りしたとたんの、雨続きです。

紫陽花は、喜んでるのかな?

場所に寄っては、土砂崩れの被害なども出ています。

何か自然が荒ぶる状態になってるように思います。

程よい自然の移ろいになって欲しいものなのだが。


| | コメント (0)

2014年6月 5日 (木)

赤水門(旧岩渕水門)

昨日の続きで、赤水門の記事です。Img_0043


Img_0044

川縁の公園一帯は、釣り人が糸を垂れる場所です。

水面が近いので、河が大きく広がっています。


Img_0045

赤水門は現在は、役目を終え、水門と続く中之島は一帯は、現在、水門公園となっています。

園路回廊の左に立ってるのは、過去の水位を示しています。


Img_0047


Img_0048


Img_0052


Img_0053

この赤水門は、小説や映画にも登場したり、得意な景観からドラマの撮影が行われます。

中之島からの荒川の流れは、より大きく広がりを見せています。

現在の岩渕水門は、少し下流の水色の水門です。

| | コメント (0)

2014年6月 4日 (水)

荒川右岸を下る 朝霞大橋 草刈りの碑

荒川右岸をFCRで下る。Img_0039

朝霞水門手前からの荒川。


Img_0042

朝霞水門過ぎた地点からの荒川の流れ。

左方向が朝霞水門になります。


Img_0040


Img_0041

荒川水門上でのFCR。

手前が内間木橋。

奥に見えるのが朝霞大橋の254バイパス。

まだ片側一車線ですが、完成時は二車線になります。


Img_0043

家から29キロ地点の赤門公園に着きました。


Img_0049

赤門島に立つ鉄の棒を切って、ひとつひとつ溶接した作品は、特選に選ばれた「月を射る」という作品です。


Img_0050


Img_0051


Img_0055

島からの荒川の眺望と、対岸の川口市の景色。


Img_0054

島に立つ「草刈りの碑」。

農民は、草刈りから始まる、草刈りを怠ってはならない、などの道徳にしたようです。


| | コメント (0)

2014年6月 3日 (火)

熱気球・公園のタワー・柳瀬川ふれあい橋

日曜日の公園では、気球搭乗体験が行われてました。

Img_0029_2


Img_0030_2

固定しての浮揚ですので、空高くとは言えませんが、フワフワ感は気持ち良さそうです。


Img_0031

放送塔とNTTの電波塔、青空に紅白が映えます。


Img_0032


Img_0033

電波塔のやさしさと、航空管制部の厳めしい尖塔。


Img_0035

日曜日の公園の池。

鴨たちも渡って行ってしまったんでしょう、ほんの数羽しか見当たりません。


Img_0036


Img_0037


Img_0038

月曜日に新座シネコンで、相棒 劇場版IIIを見に行ってきました。

そばの柳瀬川に架かる、自転車、歩行者用の 柳瀬川ふれあい橋

絶海の孤島で軍事訓練する民兵の話でしたが、体が寒くなってきました。


| | コメント (0)

2014年6月 2日 (月)

入間川右岸遊歩道を巡る

この間訪れた上奥富運動公園から、入間川右岸の新設された遊歩道を行く。

Img_0020

運動公園横からの入間川の落差崖。

この間より水が極端に少なくなっていた。


Img_0021

同じ運動公園付近から、狭山イオン方向を見る。


Img_0022

新富士見橋下の遊歩道は、前に工事がなされたようで、アスファルトの色が褪せていた。

この間は、昭代橋から富士見橋が続いている。

Img_0023

ここから未舗装の砂利道を、広瀬橋まで行きます。

奥に写ってるのが広瀬橋です。

右岸はここで道が途切れてるので、左岸のサイクリングロードへ渡ります。


Img_0026

豊水橋下の入間川。

ここも塞き止められているので、深くなってる場所です。


Img_0025


Img_0024

豊水橋過ぎから、遊歩道は、再び始まります。

この付近は、両岸に太公望が陣取って、竿を伸ばしていました。

遊歩道はこの公園で終わりになります。

河から外れたりしますが、なおも遡って行きます。

入間市野田と仏子を結ぶ中の橋を通って帰途にしました。

途中、彩の森公園に立ち寄ります。


Img_0027


Img_0028

公園のエントランスは、ベンチが設えられています。

下池の睡蓮が、暑さに負けずに咲いていました。

約36kmのポタリングでした。


| | コメント (0)

2014年6月 1日 (日)

直売所トマト・パサール三芳・緑のトンネル

Img_0296


Img_0297


Img_0299

奥富直売所のトマトを、また並んで購入する。

並んでる人から、小粒のフルーツトマトが甘いと聞いたので、普通サイズのと併せてゲット。

家へ帰って食べてみると、それほどでもない。

普通サイズの方も、前回より甘みが薄くなってるのは、気の所為だろうか?

ちょっと水っぽく感じるので、水を多く与えすぎたのでは?

トマト販売期間は、2月〜7月のようです。

乳酸菌肥料を使っているそうです。

収穫期の終盤になるので、幾分弱ってきてるのかな?


Img_0009

パサール三芳へ行く。


Img_0010


Img_0011

入口に拵えた坪庭風の造りものが、涼を運んでくれます。

Img_0012


Img_0014

三芳町みどりの景観八景のひとつ、緑のトンネルも涼しげな木陰です。


| | コメント (4)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »