« 北山公園・花菖蒲(3) | トップページ | 彩翔亭の紫陽花など »

2014年6月16日 (月)

映画「春を背負って」&柳瀬川

山歩きをしてたこともあって、山岳を舞台にした、映画やドラマも大好きです。

前作「剱岳 点の記」に続いての、映像カメラマン木村大作監督作品です。

流石のカメラワークで雄大な山岳風景を撮り込みます。

舞台は立山連峰、山小屋に関わる人々の暖かくも美しい、人間讃歌が大自然の過酷な中で、描かれてます。

主人公演じる松山ケンイチはじめ、蒼井優、檀ふみ、豊川悦司、父親役の小林薫など、いかにも良い人たちが、立山にとけ込んでいました。

険しい岩場での歩荷や、遭難者を背負って登りあげたりする場面は、リアリティーに溢れてました。

雪庇を踏み抜き落ちた遭難者を、身を挺して救助するシーンも迫力ある映像です。

世の中、こんなにいい人ばかりではないのが現実ですが、悪い人のでない映画は、救われますし、精神が満足するようです。

Img_0310

このミックス施設の4階がシネプレックス新座になります。

映画の後、柳瀬川遊歩道を、ちょこっとポタしました。


Img_0306


Img_0307


Img_0308

水門の所で、河傍まで降りられたので、地下までの柳瀬川の流れです。

この水門のスクリーン、グレーチングの上で撮ったものです。


Img_0309

柳瀬川遊歩道のR3と、対岸の新座工業団地。

ゆっくり、ゆったり約20kmのポタでした。


|

« 北山公園・花菖蒲(3) | トップページ | 彩翔亭の紫陽花など »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北山公園・花菖蒲(3) | トップページ | 彩翔亭の紫陽花など »