« 集団的自衛権&花たちのアップ | トップページ | ところざわのゆり園 »

2014年7月 2日 (水)

もち吉&彩翔亭

最近嵌まってる食べ物のひとつに、 もち吉の アーモンド餅がある。

”もち吉”は福岡県直方市に本拠を置き、製品は自社販売方式を採っている。

所沢では、所沢〜青梅線の愛宕山交差点傍に店を出している。

Img_0319_2


Img_0320_2

缶入りの贈答品にも、似たような菓子があるが、自分の推奨は、普及品の小袋入りの商品だ。

この”アーモンド餅”は、軽い食感で爽やかである。

餅、アーモンド共に、ソリソリと軽い歯ごたえ、それに香ばしさが加わる。

一粒食べたら止められないと言う菓子は、昔からあるが、正しくそれに当たる。

軽い食感といえども、そこは炭水化物の菓子。

食べ過ぎないように、2、3回で食べるようにしている。


Img_0323

序でに買ってくるのが、”胡麻香煎”。

これは胡麻が、これでもかというくらい入ってるので、爽やかさにはかけるが、胡麻の主張がすごい。

税抜き価格で、一袋200円の価格も手頃です。

最近は、アーモンド3袋、胡麻2袋ずつ買っている。

水曜日、土曜日には、大相撲福岡場所の力水として使われている水、”力水”1リットル入りのボトルが付いてくる。

 
 
 彩翔亭


Img_0321


Img_0322

彩翔亭の池では、蓮の花が咲き始めてました。

紅白の睡蓮、黄色の河骨の花も咲いてました。


|

« 集団的自衛権&花たちのアップ | トップページ | ところざわのゆり園 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 集団的自衛権&花たちのアップ | トップページ | ところざわのゆり園 »