« 公園の秋(2) 解散総選挙 | トップページ | 武蔵野の林・南栗橋駅・権現堂運動公園 »

2014年11月21日 (金)

三芳〜志木〜朝霞水門ポタ 高倉健さん

一週間前の朝霞水門までのポタです。

中富、上富から三芳町役場前から、R254を渡って走ってますと、みずほ台駅に出ました。

Img_0460

今駅は改装中のまっただ中でした。

駅前は、商業施設がいっぱいで、賑やかな駅前です。

下ってR643を横断して、志木市に入ります。

いろは橋から親水公園の中を通り、新河岸側の土手上の道を行きます。


Img_0461


Img_0462

未舗装の土手を行きますと、水資源公団の浄水場があります。

土手道で愛車R3を写します。


Img_0463

そばの新宮戸橋から、新河岸川の下流方を望みます。

ここから先は、土手道がなくなりますので、橋を渡り朝霞市側を走ります。

道の右側は高台になっており、住宅は擁壁を後ろ壁にして、1階がカーポートの3階建ての造りになっています。

念法寺前から、再び志木市に戻って、朝霞大橋下に出ました。


Img_0464

朝霞大橋から下の調整池を見ます。


Img_0465

やっと朝霞大橋が2車線工事に入って、大きな橋桁が設置されていました。

台交差点から内間木橋へ回ります。


Img_0466

内間木橋から工事中の朝霞大橋を見る。


Img_0467

内間木橋からの朝霞水門、綺麗な姿です。


Img_0468


Img_0469

朝霞水門からの荒川の流れを見る。

天気のいい日だったので、美しい川が撮れました。

ここから秋ヶ瀬橋の方へ戻り、いつもの裏道で志木市役所へ出ました。

途中の道すがら、皇帝ダリアが見事に咲いていました。

都合、約42キロのゆったりポタリングでした。


 
 高倉健さんの死

今月10日に、映画俳優 高倉健さんが悪性リンパ腫で亡くなっていたことが報じられました。

昭和を代表する俳優の死は、昭和時代の終わりを告げられたようです。

義理、人情、思いやり、男らしさ、人間味などの象徴のような方です。

ここのところ、人間関係が希薄になり、異様な事件が多発するにつれ、健さんの人間味が懐かしい。

遺作となった「あなたへ」までの、空白の6年間では、喪失感、空虚感を抱いていたようです。

来年にも新しく映画出演の企画が進んでいたとのこと残念です。

ご冥福を祈ります。   合掌


Img_0470


|

« 公園の秋(2) 解散総選挙 | トップページ | 武蔵野の林・南栗橋駅・権現堂運動公園 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公園の秋(2) 解散総選挙 | トップページ | 武蔵野の林・南栗橋駅・権現堂運動公園 »