« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

大晦日の静寂

今年の疲れや澱みを洗い流しに、湯楽の里へ行く。

流石に大晦日で、思いは皆同じで、多くの人が、開場に合わせて入湯。

内風呂なら、ものの10分の入浴なのに、温泉施設では、種類の違う浴槽なので、1時間くらいは、裕に過ごせてしまう。

高濃度炭酸泉、マッサージ風呂、露天の温泉、壷湯、寝湯、更にスチーム風呂と入ったので、十分に体の芯から暖まることが出来た。

マイチャリR3で行ったのだが、行きは手が冷たく寒さを感じたが、帰りは家に着くまで暖かいままで来れました。

明日から弟宅に行くので、今年は自分で、おせちを作った。

ブリの照り焼き、ブリ大根、ごぼうの肉巻き、数の子多めの松前漬け、それに青豆の数の子豆などである。

まぁまぁ良い感じの出来映えと自己満足。

元旦の新聞が、厚すぎて、玄関ポストが塞がれてしまうので、それを取り込んでから行こうと思う。

今年は役員なので、階の集金担当をしてるから、ポストに入れられるようにして行かねば。

何処もそうなのだろうが、早い人は月末(年末)で済むが、遅い人はなかなかスムーズにはいかぬ。

 
 大晦日の静寂

Img_0411

 配水槽の補強工事が、遅々として進んでないようだ。

 周囲に杭を打ち、鉄筋を組み、コンクリートを打ったまでで止まっている。

 工事費2億円超、何処に金が係るのかと思う。


Img_0412

ベランダには、二度咲きのペチュニアだけ。


Img_0413


Img_0414

今年も自分と一緒に遊んでくれた、マイチャリーズの2台、R3とFCR ZEROも、お疲れさまでした。

Img_0415

団地の樹木も枝を切られ、より静寂さを醸し出しています。

来年は、4日に帰宅します。

それでは今年一年有り難うございました。


| | コメント (0)

2014年12月26日 (金)

今年を振り返れば

今年もあと5日を残すのみとなり、振り返ってみましょう。

何も大きな出来事はなかった、平穏な一年でした。

去年受けた肺がん検査が引っ掛かり、1月末にCT検査を受けた。

結果、異常なしヽ(´▽`)/

2月4日を以て、7年間通院した加須市の眼科医をやめて、

地元の眼科医に代えた。

代えてみたら、ぶどう膜炎はすっかり治っていると診断された。

何だったんだろう、加須の眼科医は?

完治してるのに、このまま様子を見ましょうなんて(≧ヘ≦)

高齢患者は、離さない方針なのだ\(*`∧´)/

余分な点眼薬と多過ぎる点眼回数が減って、楽になりました。

4月からは自治会の役員が回ってきて、部長になったので、会議が多くなりました。

7月には頸動脈の超音波検査をしました。

これも無事通過です、良かった(◎´∀`)ノ

11月末に母の七回忌の法要をする。

12月には、肺炎球菌とインフルエンザの予防接種を受ける。

自治会青年部の主要イベント、子供クリスマス会も無事終わって、気楽になりました。

その頃、朝起きがけに激しい眩暈に襲われましたが、大事には至らず、飲み薬を処方され、快方に向かっているようです。

私的には、平穏な1年を過ごせたようです。


 自然的、社会的には、やや多くの災害や事件が有った年です。

関東地方を襲った2度の大雪が、1年の前途の象徴でした。

6月の三鷹市の大量の雹には、驚きです。

和光市では、陸橋下が冠水して、車が閉じ込められたこともありました。

7月の台風8号は、沖縄、新潟、長野県南木曽で大きな被害を受けました。

8月の大雨は、広島県で土石流の被害が痛ましく、74名が犠牲になりました。

加えて10月に入ると、御嶽山が噴火して、折しも紅葉時の昼時だったので、登山者が多く、噴石の犠牲になったのは、これまた恐ろしく悲しい出来事でした。

また高倉健さん、菅原文太さんの逝去が続けて報じられて、昭和の時代が遠のいたようで寂しく思いました。

兵庫県議の文書交通費の使途追及時の、号泣会見などで、政治家不信になりました。

小保方さんのSTAP細胞の発見のニュースも、ぬか喜びとなりがっかりです。

科学者も信じられない結果になってしまいました。

最後に青色LEDの発見で、ノーベル物理学賞を受けられた3博士は明るい話題でした。


Img_0236


Img_0238

記事とは関係ありませんが、賑やかしに

今年5月に行った袋田の滝を貼付けておきます。


| | コメント (0)

2014年12月25日 (木)

めまいがつづく

一週間前の朝、起きようとしたら、周囲がぐるぐる回る。

自分自身もグルグル回る。

寝ても部屋がグルグル回ってる。

最近は立ちくらみがおきないので安心してたら、急に大地震が突如起こった感じだ。

得体のしれないものに、強力な力で回されてるようで、気持ちが悪い。

長く感じたが、実際は1分か2分くらいなのだろう。

収まったので、ゆっくりと起き上がる。

少しふらつく感じだが、徐々に収まってきた。

横になってる姿勢から、起き上がろうとすると、めまいが時々起きる。

二日後には、ほとんど眩暈はしなくなってきた。

ただ起き掛けにフラフラとした浮遊感があり心許ない。

時間がたてば、気になるほどではない。

日中は、自転車に乗ったり、ウォーキングなどもできる。

こんなんで収まるのかなと思っていたが、やはり朝の起き掛けの浮揚感は毎日続いてる。

ネットで調べてみた。

一番有名なメニエール病ではないようだ。

難聴や吐き気は全くしないから。

そうすると、めまいの中で一番多い、良性発作性頭位めまい症なのだろうか?

それならいいが、ごく小さい脳梗塞の前兆なのだろうか?

普段の生活には支障がないが、朝のふらつき感が気持ち悪いので、かかりつけ医に診療に行ってきた。

血圧も運動機能も正常なので、単なるめまいという診断でした。

脳や耳の中の血液の流れを良くする薬を、朝昼夕の3回、14日分処方されました。

鼻づまりを解消するために服用していた鼻炎カプセルの副作用も関係してたようです。

とりあえずは安心だヽ(´▽`)/

 

 Blog0116


Blog0118


 今年3月初めに撮った梅の花。

 文面とは関係ないけど、賑やかしに載せてみました。 

| | コメント (0)

2014年12月21日 (日)

こどもクリスマス会

20日午後2時から、自治会の子供クリスマス会が行われました。

あいにくの冷たい雨に見舞われ、91名の申込者数より若干減りはしましたが

それでも子供達75名の参加、父兄も入れると100名近い参加者でした。Img_0399


Img_0400

入り口の飾り付けと、受付所の様子です。


Img_0401


Img_0403


Img_0402

内部の飾り付けも、昨晩からの下拵えと、各家庭に持ち帰って作った花々で飾りました。

今回の子供達への贈り物は、専門のパフォーマーに依頼しました。

ステージは、パフォーマー二人が造ったので、素人とは違ってるのは流石です。


Img_0404


Img_0405


Img_0406


Img_0407

今年は二人の異なったクラウンの芸でたのしませてくれました。

音楽やマジックの芸と、パントマイムが主体の芸です。


Img_0408


Img_0409


Img_0410

子供や観客をステージにあげたり、クラウンが観客席に降りてきて絡んだりもします。

クラウンショーは、約1時間で盛況のうちに終わりました。

次は、バルーンワーク(風船作り)です。

人数が多いので、6班に分けて、子供達みんなが作るようにします。

幼児で作れない時は、我々係員や、お母さん達が作ります。

30分も過ぎ、夫々が作り終えたら、クリスマス会は終わりです。

帰る際は、チケット交換で、プレゼントの菓子袋を持ち帰って戴きました。

2時から初めて、3時半で予定通りに進んで良かったです。

これから片付けなどで、全部終了したのが、5時半になりました。


| | コメント (0)

2014年12月15日 (月)

衆議院議員選挙・公園

何がなんだか判らない理由で、年の瀬に突然解散した安倍首相。

国民も野党も、もしかしたら与党自民党も不意打ちを食らってしまった、今回の衆院選。

選挙の争点も、大義のない今回の仕掛けは、安倍さんの目論み通りの結果となりました。

もしかしたら、過去最低の投票率も、安倍さんの見立てだったのでしょう。

組織票の固い公明党、共産党が数の上では、大きく伸ばしました。

ただ組織票は棄権票が少ないから、必然的に当選者が増える結果となりました。

Img_0511

選挙で国民の意思を問うと、良く言われますが、今回の選挙は、何処に投票したら良いか判断しかねました。

日本の政治は、ほとんど自民党が担ってきました。

同じ政党が、長く支配してると、驕りが出てくるのは人の性です。

我ら選挙民は、過去に二度自民党から政権交代をしてます。

日本新党と非自民の連合内閣と、近年の民主党政権です。

しかし二度とも短期間に裏切られてしまいました。

自分は自民独裁時代は、反自民に投票し、政権交代が可能な時には、新政権誕生に与してきました。

まぁ、思うことは、政治家は政治屋だということです。

それでも権利が与えられてるのですから、投票はしなければなりません。

今話題の香港のデモを見るにつけ、選挙権は大事にして、行使すべきです。

その結果が、我らの望むことにならなくてもです。

それに今回思ったことは、政治家は政党に所属してないと、力を出せないということです。

その最たる事実が、渡辺喜美さんの落選ではないでしょうか?

お金の使い道に不具合が有っても、大きな政党に所属してれば、党が掬ってくれます。

小渕優子さん、松島みどりさん然り、その他疑義のある自民議員が当選しています。

それと一時の高揚で党を出て新党を結成しても、衰退したら復党する図々しさが必要なのかな?

今回はかろうじて当選したけど、小沢一郎さん、亀井静香さんを見て感じました。

新党が、既存の大政党に変われることはないように思うのです。

 
 
 選挙を済まして、公園へR3で行ってみました。

寒い、冷たい一日でした。

あまり寒いので、公園のコースをウォーキングしましたが、全然体は温まりません。

頬は寒さが直接感じてしまうので、凍えるくらいです。

Img_0514

コースの距離表示が可愛い飛行機のイラストになっていました。

2周で打ち切って、帰宅するくらいの冬の日でした。


Img_0512


Img_0513

ユリノキは完全に葉が落ちて、ドライフラワーのような花後だけになっています。

敷き詰められた落葉と陰が、いい雰囲気を作っていました。


| | コメント (0)

2014年12月10日 (水)

オブジェ・屋久山羊・メタセコイア・鴨

所用で志木市役所へ行った。

駐車場の隅にある異様な構造物に眼がいった。

下の説明を見ると、志木市出身の彫刻家の作品。

市役所完成時、昭和47年に落成記念として設置されたようだ。

作品名は、「相空」、長さ5m、重さ20tのオブジェだ。

下の支柱はアルミ製らしいが、この頭でっかちが、よくバランスを保っているものだ。

Img_0503

先日、幸手に行った際、付近を散策する。

北風の吹く中、秋支度だったので、寒さに応えた。


Img_0504


Img_0505


Img_0506

権現堂公園の屋久山羊さん達は、みんな大きくなっていた。

2頭、5頭と左右の山羊舎に分けられていた。


Img_0507


Img_0508


Img_0510

航空公園のメタセコイアが黄葉して、黄金色、濃茶、薄茶色のグラデーションできれいです。

外国産の樹木の林は、一瞬異国を連想します。


Img_0509

池で泳ぐ鴨の数も、大分増えてきてます。

マガモとキンクロハジロが主な構成です。


| | コメント (0)

2014年12月 3日 (水)

ドウダンツツジ・イチョウ・モミジ・ヤマハゼ

公園の紅葉を再び訪ねます。

Img_0494

ドウダンツツジも所々に見られます。

かなり刈り込まれてしまってる中で、ちょっと眼を惹いたのがこれです・


Img_0496


Img_0499


Img_0501

イロハモミジも場所によっては、まだまだ風情があります。


Img_0495


Img_0497


Img_0498


Img_0502

遅くに黄葉したイチョウたちが黄金色に輝いてます。

落葉も敷き詰められ、晩秋の風景です。


Img_0500

公園には、よく見ると、ハゼノキの深紅の葉も見られます。

まだ幼木なのは、種子が飛んできて、発芽したのでしょうか?

こんな所にと思うような発見感があります。

暦の上では、冬に入り、すっかり葉が落ちた木々が増えてきました。

昨日、肺炎球菌とインフルエンザの予防接種の予約をしてきました。

今日から寒さが増してきてますので、徐々に体を慣れさせて行こうと思う。


| | コメント (2)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »