« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月28日 (水)

鷲宮神社

幸手の弟の家から、ウオーキングを兼ねて、

行ったことのない鷲宮神社へ二人で歩く。

片道10キロほどであろうか、普段のウオーキングよりは少し軽めのスピードで。

15分も歩けば、旧鷲宮町に入る。

県道3号線までは、田畑の広がる農家が多い。

縦横2m以上もある大石を配した庭のある家も有る。

石を集めすぎて、道路側に溢れている。

Img_0520


Img_0521


Img_0522


Img_0524

1時間以上歩いて着いた鷲宮神社の、この屋根の造りが気に入った。

木口を金色に染めた棟の装飾が、荘厳で凛としている。


Img_0523


Img_0525

参拝者も、そんなに多くはないのだろうが、駐車場が広くはないので、参道には20台以上の車が列を作っていた。

露天商の人たちも、客が少ないので、手持ち無沙汰に見えた。

アニメのらき☆すたで多くの若者が集まる神社なのだが、それに関連したものはなかった。


Img_0526


Img_0527

帰り道、幸手よりの鷲宮地区の寺が、立派だったので2枚撮る。

山門、本堂、宝物殿、庫裡も大きな建築物でした。

往復3時間のウオーキングなので、最後は少し疲れました。


| | コメント (0)

2015年1月24日 (土)

ただいま寒の真っ直中・冬の金山調節池

20日に大寒に入り、2月3日の節分までが、暦の上では寒の真っ直中になります。

連日、10度を下回る気温になると、流石に自転車は乗る機会が減る。

特に風のある日は、体感温度も下がり、絶対に乗る気が失せてしまいます。

70歳を過ぎた爺さんが、寒中に自転車を漕ぐ姿は、絵的にもそぐわない。

そんな訳で、暖房の効いた室内で、温々と過ごす怠惰な日を重ねています。

絶対的に強い横綱白鵬は、大鵬の優勝回数を塗り替え、まだまだ更新するでしょう。

そんなに強くもない男子サッカーは、PKの末に準決勝で敗退したのも、宜なるかなというところでしょう。

そんな中、比較的に寒さの薄らいだ過日、マイチャリR3で金山調節池に走りました。

Img_0432


Img_0433

池の中島には、2羽の大サギが寛いでいました。

右側の黒っぽい色の混じった方は、直に飛び立ってしまいました。


Img_0434

池越しに、遠く東福寺の観音立像も望まれます。

近くの2カ所の野菜直売所で、白菜とホウレンソウを買い求めました。

東福寺の坂を、立ち漕ぎだけで、登ってみました。

大分長く漕ぎ続けられるようになってきてます。


| | コメント (0)

2015年1月21日 (水)

斉藤仁さんの死&蠟梅&鰤の照り焼き

オリンピックで二度の金メタルを取った、柔道の斉藤仁さんの死が報ぜられた。

胆管がんによる54歳という若さで亡くなられた。

昨年初めにがんと診断され、治療を受けながら、世界選手権、アジア大会にも役員、監督として足を運ばれたとある。

誰もが口をそろえる真面目な硬骨漢で、柔道界の将来には、欠かせない人だったという。

癌による体の衰えは、痛々しくもある進行の速さである。

若くして天に召される人の選別を、神はどんな基準でなされているのか理不尽を感じてしまう。

混交玉石の世界を、神は望んでいるようだ。

石ころの自分は、若くして召される玉の報道のたびに、そう思う。

 
Blog0627

Blog0628

Blog0629

Blog0630


前に撮っていた蠟梅の写真を貼り付けました。

デジカメ画像のアップ写真です。

 
Blog0631


Blog0632


暮れに鰤の照り焼きを作った方法に、ひと手間加えてみました。

小麦粉をまぶして、焦げ目をつけて焼いた後に、熱湯を注ぎ、直ぐ捨てました。

この方が、身も柔らかくなり、より癖のない仕上がりとなりました。


| | コメント (2)

2015年1月15日 (木)

朝焼けのスカイツリー

天気予報通りに、9時ころより雨が降ってきました。

冬至が過ぎて昼の時間が長くなったといっても、

まだまだ日の出の時間は遅く、やっと7時近くになって

東の空が茜色に染まり始めます。

Dscf2482

Dscf2485

新宿、池袋の高層建築群が、黒い塊で朝焼けの空に現れてきました。

さらに遠くの東京スカイツリーの黒のシルエットを引っ張り込みます。

所沢から直線距離にして、40km強でしょうか、墨田区業平までは。

冬の朝は、透過性がよく、くっきりと見えますね。

東の方から、西南の方角には富士山が見えます。

Dscf2483

撮った日は13日、あまり澄み切った空気とは言えない中の富士山です。

空も、もっと濃い青だと、真っ白い雪に覆われた富士山は、より引き立つのでしょうが、今回はこんな感じです。

同時刻の東の方角、そう、新宿副都心、スカイツリーの方は、こんな風に白く霞んでいます。

Dscf2484

もう10時近くになってますので、遠望は利かなくなってきてます。

自分のカメラは、一眼レフカメラではなく、普通のデジカメなので、これくらいの画像です。

取り敢えず、こんなことで更新を稼いでいます。

| | コメント (0)

2015年1月14日 (水)

蠟梅が咲いた

新年が明けて半月が経ってしまいました。

別に病気をしてた訳でも、長期不在でもなかったのですが、

実に久しぶりの更新となってしまいました。

寒い時期、花の咲いてない時期なので、チャリで出かけることもなく、

ネタがないので、サボってしまっています。

それにスマホで撮った写真が、パソコンに入ってきてないこともあります。

そんなわけで、年が変わったのですが、何の変化もない日常です。

テレビで群馬の蠟梅の画像が映し出されていました。

なので、公園の蠟梅を見に、R3で行ってきました。

Img_0430

園の南側は、かなり咲き出していました。

中央付近、北側はぼちぼちの状態です。


Img_0426


Img_0427


Img_0428


Img_0429

蠟梅園に近づくと、甘い香りと、つんとした刺激臭の混じった香りも感じられます。

春まだ遠い1月に、花の香りを与えてくれる蠟梅に感謝です。

素芯蠟梅、満月蠟梅ともに、日当りの良い方から咲いています。

冬の真っ青な空と、黄金色に輝く蠟梅の花の対比もグッドな日和でした。

一眼を構えて、花を写す高齢男子が5、6人訪れてる、静かなひと時です。


Img_0425

ベランダからの冬枯れの、何の変哲のない風景を貼付けておきます。

ボチボチ更新して行きますので、本年もよろしくお願いします。


| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »