« 鷲宮神社 | トップページ | 大江錦&水仙&蠟梅 »

2015年2月 2日 (月)

イスラム国報道

イスラム国へ入ったジャーナリスト後藤さんの死が、確実見された。

ジャーナリズムの使命に燃えて、湯川さんの救出に向かったという。

イスラム国とは日本のメディアがつけた名前で、勿論、国家ではない。

国際的には、I S I Lと呼ばれるテロ集団、殺戮集団である。

その危険さは、十分知っていたはずなのに。

知っていたが故に、自分のような敵対心のないジャーナリストは、大丈夫だと思ってしまったのか?

相手が、イスラムの教えを捻じ曲げて、自分たちを正義化し、逆らうものは殺してもいいという狂信者だということ。

話せば分かってもらえる相手ではないことを、イスラム社会に入って馴染んでた故に、その感覚が麻痺していたのかもしれない。

ともあれ、戦火の中に飛び込んでいったジャーナリスト後藤さんが、純粋であればあるほど、哀しくてやりきれない。

 
そして国内では、女子大学生が、知人の女性を自宅で殺した事件が報ぜられた。

中学生のころから、人を殺してみたかったと言っている。

先にも、長崎で中学生が友達を殺したニュースがあったばかりである。

かたや発展途上の内戦での殺人。

かたや平和の中の日本での殺人。

同じ常識の上では、比べられないが、命を弄んでること、軽んじてることには変わりがない。

こういう人の生き死にを目の当たりにすると、虚しさがいっぱいになり、やり切れぬ思いです。

自然災害による多くの人命が失われたり、交通事故でたくさんの命が亡くなったりするニュースが多すぎる。

こんな時の弱くなった心に、ハルマゲドンのような終末思想が入り込まぬようにせねばならない。

|

« 鷲宮神社 | トップページ | 大江錦&水仙&蠟梅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鷲宮神社 | トップページ | 大江錦&水仙&蠟梅 »