« 昭和記念公園・チューリップ | トップページ | 足利フラワーパークの藤の花芽 »

2015年4月23日 (木)

昭和記念公園・こもれびの里

昭和記念公園でチューリップを見た後、こもれびの里へ立寄る。

古民家を再現したもので、母屋、長屋門、外蔵、内蔵の4つの建物を配している。
実際、ここでボランティアの方々と、種まき、育成、収穫、料理して食べることまで体験出来るようだ。
Img_0605
古民家の母屋
Img_0606
古民家の外蔵
Img_0608
蔵の内部には、端午の節句の飾り棚がありました。
母屋の方の座敷にも、3部屋で武者飾りなど、節句に因んだものが見られます。
Img_0607
飾り棚の横に、ここで育てられた花が生けられていました。
Img_0609
古民家の裏の説明板
Img_0610
古民家横から見た所。
手前は水車小屋、奥に見えるのは長屋門。
ここだけ昭和初期にタイムスリップしたように感じます。
Img_0611
公園で私の好きな場所、噴水の風景、横から撮影
Img_0612
手前からの眺め、躑躅が満開なら、もっと素敵になります。

|

« 昭和記念公園・チューリップ | トップページ | 足利フラワーパークの藤の花芽 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和記念公園・チューリップ | トップページ | 足利フラワーパークの藤の花芽 »