« 2015年5月 | トップページ

2015年6月

2015年6月13日 (土)

デスクスペースがなくなった

R3のタイヤ交換をしたので、試走を兼ねて彩翔亭へ走る。

今までスピード用のタイヤだったので、今回はグリップのあるのに代えてみた。

タイヤ装着の際、自転車を寝せて行ったので、回転方向を逆に取り付けてしまった。

その所為なのか、タイヤの特性なのか、前よりペダリングが重い感じがする。

新しいチューブも一緒に取り寄せたのだが、バルブ長3.6cmにしたら、短くてポンプの食いつきがぎりぎりで失敗でした。

もうここのデスクスペースがいっぱいになりました。

なのでgooブログ、続 ヒノキになれない を開設しました。

   


| | コメント (0)

2015年6月10日 (水)

権現堂の紫陽花

権現堂公園の紫陽花をもう少し載せましょう。

Img_0789


Img_0790

柏葉紫陽花はぎっしりと堅めに花を付けています。


Img_0791

色の変化、花の形の色々が、緑の葉の中で映えています。
Img_0792

この大きなダンスパーティーは売り物で、6000円の値が付いていました。


Img_0793

Img_0794


このガクアジサイ系の花が、自分的には一番好きかな?


Img_0795

Img_0796


アナベルも膨らんできて、緑色から白色に変わるのももうすぐでしょう。


Img_0797

Img_0798

これは展示用の紫陽花。

どんどん新しい花が増えてきてます。

| | コメント (0)

2015年6月 8日 (月)

初夏の公園・権現堂の紫陽花 

初夏の航空公園

Img_0780

調整池で育てられてる花菖蒲が咲き始めてます。


Img_0781  

Img_0782

池の緑とメタセコイアの葉。

どちらも安らぎを与えてくれます。


Img_0783

公園と駅を結ぶ、憩いのベンチの風景。



権現堂公園の紫陽花も咲き出しました。

Img_0784


Img_0785


涼やかな色の紫陽花2点。


Img_0786


ヤマアジサイの進化系の小花の紫陽花。

名前は付いてるのでしょうが?
紫陽花に限らず、作成者が名前をつけて届ければ、花の名前となるようです。


Img_0787

溶けてしまいそうな、滲んでしまいそうなブルーです。


Img_0788


額紫陽花の進化した花が目立ちます。

静かに気を落ち着かせてくれる色合いです。   


    

| | コメント (0)

2015年6月 2日 (火)

狭山湖堰堤路の親柱と高欄ほか

今日もいつもの日課で多摩湖自転車道詣で。

Img_0772


今は栗の花が満開で、草いきれと青臭さが、離れていても風が運んできます。

北野地区の栗畑。


Img_0773

Img_0774


狭山湖堰堤路の現在の親柱と高欄。

親柱は避雷針と照明。

高欄は転落防止の欄干です。


Img_0775_2

Img_0776    

Img_0777

昭和9年の耐震工事前の親柱と高欄。

記念に右岸四阿   横に展示されています。

重厚で頑丈な造りになっています。


Img_0778

自転車道からの西武ドーム。


Img_0779  

多摩湖堰堤路。

狭山湖堰堤路と比べると、近代的で華奢な感じがします。

今日も多摩湖を一周して、32kmのポタでした。


| | コメント (0)

2015年6月 1日 (月)

多摩湖橋周辺

またぞろ多摩湖自転車道行きです。

ちょうどいい運動量なので、最近はここ一本です。

Img_0762


小手指から北野の平沢病院へ抜ける畑の中の道。

Img_0763
狭山湖畔の東屋で一休み。

Img_0764
Img_0766

多摩湖橋下の慶性寺山門。

多摩湖上湖に沈んだ勝楽寺地区の寺の山門。

慶性院は芋窪に移築されたが、山門だけ残され荒れ果てた姿が、忍びなく村人の有志がこの地に修復して移築したとある。

Img_0767

Img_0770

山門が長屋門式のものは珍しいそうです。

横からと裏からの姿も撮ってみました。


Img_0768

Img_0769_2

この裏を登って行ったところに、民話で有名な、優しい巨人「大多羅法師・だいたらぼっち」の頭像があるお休み所があります。


Img_0771

自転車道の多摩湖橋を下から撮ってみました。

自転車道へ戻って、多摩湖一周して32kmのポタリングでした。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ