60歳以上のブログ

2009年9月13日 (日)

多摩湖自転車道へ

狭山湖で、遠くの山々を眺め、小休止の後、多摩湖自転車道へと漕ぐ。このCRは起伏の連続ながら、いい塩梅の勾配である。

自転車よりも、ウォーカーの方が多いし、幅も狭いので、あまり飛ばし過ぎないのが、肝要である。それさえ気をつければ、樹木の多い、このコースは、木陰の中を走れるので気持ちいい。

Blog2009_09100046

Blog2009_09100047

Blog2009_09100048

Blog2009_09100049

多摩湖の方は、水も満々と溜めてあり、湖面から吹く風の、何と心地いいことだろう。暫し、自転車を止めて、空の青、湖の青に癒されながら、ボウッとしていた。湿度26度の当日は、視界、配色ともに恵まれた一日だった。

Blog2009_09100050

多摩湖堰堤広場前、駐輪場に咲く、コムラサキ。青系の色が、映えてる日です。

| | コメント (0)

2009年9月 9日 (水)

新型インフルエンザ

新型インフルエンザのワクチンの優先順位が、65歳以上の人は、一番遅い順番になることが、厚生省の発表にあった。これって、我々は重要でないってことか?

まぁ、こんなことに目くじらを立てる気はないけれどさ。でも、こうやって明らかに順位付けされちゃうと、なんとなく面白くは無いね。

一番先に、罹患して死んじゃうのも、我らが出来る社会貢献なのかも?逆ピラミッド状に増える一方の高齢者人口なんだから。

でも、そんな厚生省役人の目論み道理には、なってやるかと、体を鍛えてる仲間の、何と多いことだろう。

   これって、木インフルエンザじゃないだろうね?

Blog2009_09080020

Blog2009_09080021

Blog2009_09080029

Blog2009_09080030

公園の樹木が、立ち枯れています。上から、松、栃、コナラ、最後の1枚は樹木名不明。

松は、鎌倉大仏の高徳院でも眼にしました。幹には、栄養剤、根元は、竹炭、藁を敷くなど、いち早く手当など施してありました。

翻って、公園のは、ほおって置かれぱなしなので、みるみる枯れて、この姿です。

周りの樹木は、何ともないのに、どうしたんでしょう?まさか、樹木にもインフルエンザが流行りだしたんじゃないでしょうね?

| | コメント (0)

2009年9月 8日 (火)

青春18きっぷの旅終わる

新型インフルエンザが流行しつつあるとのことで、8月中に使いきった。松本(一泊)、袋田、銚子、藤沢に行った。感想としては、安くて、お得なのだが、けっこう、体力がいるということ。

松本を除けば、日帰りなので、往復8,9時間、列車に乗ってることになる。やはり、1,2泊して、遠くへ行った方が楽なのかな?

Blog2009_09080019

この切符をケースに入れて、首からぶら下げて列車にに乗ってると、興味のある人は、話しかけてくれることが、面白い。なんとなく聞いたことがあるが、詳しくは知らない。

自分もそうだった。図書館で、青春18きっぷの本に出会わなければ、知らずに終わっただろう。どんなふうに使うのか、どんな特質をもってるのか、どんな利用法があるのか、詳しく書いてあった。

お金がたくさんある人には関係ないが、時間はあるが、金は無い人には、利用すべきだろう。遠くへ行くには、夜行の臨時列車なども用意されている。

秋は日も短く、前述のインフルエンザの蔓延などもあるから、春にでもまた買い求めてみようと思っている。

  いたずら夜景

Blog2009_09080016

Blog2009_09080017

Blog2009_09080018

自宅ベランダからの夜景。遠景はコンデジでは無理ですね。ただ、ちょっと面白いかなと思い、載せてみました。

| | コメント (0)

2009年3月 6日 (金)

シィティサイクルでポタリング

昨日は久しぶりに穏やかな天気だったので、幸手の弟宅より、シテーサイクルで

ぶらぶらポタリング。行幸湖を周ってるうちに、桃の花の開花が気がかりな

古河総合公園まで行ってみようと決めた。栗橋を抜けるまで30分、古河に入ってから

30分位なもんだろうか?利根川を超えて、左に折れる舘林方面に向かう道路は

自転車道が歩道に沿ってあるので走り易い。シテーでも6段変速が付いてるから

ゆるく長い上り坂も、さして苦にはならない。公園の誘導路には、桃祭りの幟が

立ってたが、桃はまだ開花してなかった。ピンクの蕾を膨らましてる木もあったが

見頃は2週間後ぐらいか?桜よりは1週間くらい早いかな?

  古河総合公園の古民家

Blog2009_03050026

Blog2009_03050030

Blog2009_03050027

県指定有形文化財の古民家。

茅葺の屋根は、葺きかえられたばかりで、軒先は

なかなか綺麗な模様をしていた。

Blog2009_03050028

Blog2009_03050029

こちらは国指定の重要文化財。

前記の中山家より、まだ古く350年以上前の古民家らしい。

朽ち果てるのじゃないかと、思うほど古く感じる。

梅と古民家は似つかわしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

失業者の増加

毎日毎日、嫌なニュースばかりですね。失業者がまだまだ増えるだの、ホームレス予備軍が

倍増するだの、聞きたくないことばかりです。未だに炊き出しに群がる人々の映像なんて

見たくありません。周りの様子が近代建築になっても、まるで60年前の日本のようです。

ここにはGDP世界2位の発展国家の面影もありません。発展途上国の出来事のようです。

政界、経済界のリーダーたちが惰眠を貪ってる間に、こんなひどい60年前に戻って

しまったのです。あまりにも好調で、なおかつ順調なため、誰も気がつかない間に

経済崩壊、金融崩壊の魔の手が忍び寄ってきてしまったのです。なのに政財界の

トップたちには、その痛みが感じられず、対応にもいま一つ、真剣さが足りない。

こんな荒んだ日本にするために働いてきたんじゃないのに!

Blog2009_03020010

Blog2009_03020011

Blog2009_03020012

Blog2009_03020007

交通管制部の敷地内の鉄塔。

すごい頑丈な作り方なんだけど、何の設備だろう?

監視塔にしては、ごつ過ぎるし、人が登ってるのを

見たことがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

所得申告に税務署へ

空模様が、一段落して落ち着いたので、前から行こうと思ってた、所得申告に税務署に

行った。 マイ自転車で行ったので、正面から入ろうとしたら、駐輪場の方へ案内される。

9時前にもかかわらず、自転車置き場は満杯で、指示により2列目に停める。

申告書は書き終えてたので、提出するだけの方に並び、順番を待つ。提出所は

小部屋で3,4人の職員が当たっていた。自分は確り書いてたので、記載事項の

確認だけで済んだので、5分とはかからずに終えた。 口座振替依頼のはがきと

納付書を貰って終了した。申告相談、計算等が済んでない人は、本館の方でやってるようだ。自分は微々たる年金のみの収入だから、書くことが出来るが、いろんな収入のある人は

教えてもらわないと書けないんだろう?去年は市役所で申告したから、条件は違うんだ

るうけど、人数がかなり多いのは、サラリーマンが減ったからかな、なんて思った。

Blog2009_03020008

Blog2009_03020009

21日、土曜日の画像。 ここのところ毎土曜日になると、いろんなコスチュームを

した、若者たちが現れる。この日はかなり多く、5,60人ぐらいは居たでしょう。

忍者、巫女、劇画の主人公等、其々小道具まで持参で、各グループ毎に集まり

写真を撮っている。ほとんど一日を費やし、撮った写真はどうするんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

「おくりびと」がアカデミー賞をとる

二日続きで、[死」についてのブログで恐縮ですが、

「おくりびと」がオスカーをとったので、一言書きます。

納棺師が主人公の映画なのだが、昔はそんな言葉が

あったんだろうか? 俳優本木さんは、その仕事を本で知り

感動して、映画製作を思い立ったと、紹介されていた。

映画はまだ観てないが、テレビの紹介に依ると、死者に対する

尊厳と、人間愛の美しさを、納棺師を通して、芸術にまで

昇華させたのは、本木さんの感性と、ストイックな取り組み方の

為せる技なんだろう。 1月に亡くなった母も、エバーミングという

施術をやってもらった。 遺体の洗浄からお化粧、殺菌、防腐術等。

映画では、白装束だが、母は生前着てた和服を着せて

いただいたので、まるで生きてるような感じでした。 

今はそういったお仕事も、高度な専門職のようになってきてますが

遺体を扱う仕事は、忌み嫌われてた時代もありました。

この映画と、本木さんの迫真の演技で感動して、納棺師の

志願者が続出したとありましが、本当に人間愛を感じられる

人々であって欲しいです。 映画は感性の芸術、仕事は

また別物、意義とやりがいを感じてやってくものでしょう。

Blog2008_12240007

Blog2008_12240008

母の後飾り段の周りの花々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

49日法要を終えて

1月6日に逝った母の法要を無事済ませた。

幸手の弟の家で、久喜市の住職より、49日法要の

お経をあげてもらい、位牌に魂を入れ、仏さまに

昇華していただく。 午後からは、所沢の霊園の

墓前で、所沢の住職より納骨するための

お経をあげてもらい、20年前に逝った父と同じ

納骨所に安置する。 同じ曹洞宗の経なれど

唱えられたお経は全然違うものだったことは

面白い。 目的が異なるから、違う経をあげて

くれたんだろう。 これで母も、先に亡くなって

仏になった方々と会えて、旧交を温めて

いるんだろうか? 母の成仏を祈念する。

 Blog2009_02160028                                   

Blog2009_02160029

Blog2009_02160030

馬酔木の花が、もう咲いていた。早くない!

この菜の花は、何だろうか?

アブラナ科の花は皆、菜の花って言っていいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

中川さん どうした?

今度は中川財務相が、やっちゃたよ! G7の会議の後の

記者会見での醜態です。 まるで酔っぱらってるとしか

見えなかったよannoy ろれつが回らなく、間違いが多く

言葉が出てこなかったりでangry それに白川日銀総裁が

話してる時は、あくびをしたりして、下を向いて

眠ってるとしか見えないよshock 記者が質問してるのに

あらぬ方を見て、誰が質問者か判らぬ様子、

甚だ見苦しいと感じたのは、自分だけではないだろう?

あの様子が全世界に発信されたなんて、日本の恥だね。

とにもかくにも今の日本の政治家は、こんな体たらくなのかいannoy

世界中の、経済、財務担当が集まって、未曾有の

経済危機を乗り越えようとした時なのにshock

Blog2009_02090040

Blog2009_02090041

Blog2009_02090044

Blog2009_02090042

Blog2009_02090037

公園の鴨さん達も、がっかりしてるように思えてならない。

なんか全体に沈滞ムードかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

自転車を知って

今から約2年前に、健康、運動のために、クロスバイクを

買った。 走るより、歩くより脚に負担がないということで。

それまでは、低山だが山歩きを主に健康の維持のため

やっていたんだが、2年ぐらい遠ざかってる間に、体力、

脚力の衰えを感じてしまいました。 そんな時、ハートカードの

情報誌に、スポーツバイクの記事と写真が載ってたのが

興味を持ったきっかけです。 そんで自転車情報誌を

読み漁り、クロスバイクを知ったわけです。 自転車通学を

した訳でもないので、得意ではなく乗れるという程度です。

フラットハンドルも初めてだったし、スポーツ仕様の自転車も

初めてなので、最初はちょっと面喰いました。

しかしちょくちょく乗ってる間に、だんだん慣れてきまして

最近は遠出の用事以外は、ほとんど自転車になり、

こんな手軽で便利なものはないと思っています。

自宅から行けるサイクリングロードデビューも果たして

益々のめり込んで行くと予見してます。 あとはパンクの

際のチュウブ交換をスムーズに出来るようにならねばと

念じてますが、まだ一回しか経験してないので不安かな?

Blog2009_02090038

Blog2009_02090039

Blog2009_02090046

何も写真がないので、過去画で公園の鳩と

梅園の画像です。 今はもっと咲きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧